まとめ

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカーほぼ網羅】

バイク乗りには欠かせない装備の一つ。それは「ヘルメット

ライダーを守るとても大切なアイテムの一つであるヘルメットだが、特に日本のオートバイ乗車用ヘルメット国内のみならず、世界でも高く評価され、世界中のバイク乗りから愛用されている。

そこで今回は国内のヘルメットメーカーたち紹介していきます。
特徴強み雑談交えて話していくのでぜひ読んでみて下さい。

 

【参考記事】ヘルメットの種類と特徴について詳しく説明した話は下の記事へ

【保存版】バイク初心者が押さえるべきヘルメットの種類と特徴の話【6種類】日本の公道をバイクで走る際に必需品となるのがヘルメット。 バイク本体の購入にお熱になりヘルメットやジェケットなどの装備品について考...

 

【参考記事】ヘルメットの安全規格についてわかりやすく説明した話は下の記事へ

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...

 

【参考記事】海外のヘルメットメーカーの話は下の記事から

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...

Arai(アライ)

ARAI LOGO

株式会社 アライヘルメット

バイク乗りの間では知らない人はいない日本が誇る二大ヘルメットメーカーの一つ

創業は1902年 帽子屋さんから始まり、そこから作業用のヘルメット製造、

そして新井廣武そのひと自身もバイク乗りでありであったことからバイク用のヘルメットを自作。

これがAraiのヘルメットの始まりであり、今ではAraiのヘルメットが世界を魅了するヘルメットメーカーになった。

安全性に関しては真面目過ぎる程のこだわりを感じることが出来る。

Araiのこだわりは衝撃をかわすこと。かわすためには丸く・なめらか・強いことが有効である とのこと。

Araiヘルメットを表現する際によく言われるAraiは丸顔この強いこだわりからきている。

ヘルメットにはいくつかの安全に関する規格があり、その中でも一番厳しいとされるスネル規格より厳しい独自の『アライ規格』を設定するほどの安全に対する徹底ぶり。

もっとアライのこだわりについて知りたい方はこの動画を見ていただきたい。

エピソード①~⑤まで計20分程のドキュメンタリーな動画。外国向けに作られたのか、英語での字幕とナレーションになっているが、ヘルメットの製造工程も見ることができる。

 

アライ(ARAI) バイクヘルメット フルフェイス QUANTUM-J フラットブラック XL 61-62cm
アライ(Arai)

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】アライのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【Arai】アライヘルメットの話【安全、躱す、アライ規格】 今回の話は日本トップヘルメットメーカー「アライ」についての話。 ヘルメット選びに悩んでいる方、メーカー「アライ」をもっと知...

 

SHOEI(ショウエイ)

SHOE_LOGO

株式会社 SHOEI(ショウエイ)

バイク乗りの間では知らない人はいない日本が誇る二大ヘルメットメーカーのもう一つ

創業は1954年

当時はポリエステル加工メーカーだったが、創立者の鎌田栄太郎が自ら経営する旅館を利用していたホンダの社員から海外製のヘルメットに対する不満を聞いたことがきっかけでヘルメット製造を開始する。

そんな経緯もあり、1965年にはホンダの純正ヘルメットに採用されている。

グローバルな経営展開が上手く、また品質も高く評価されていることから世界でのシェアはナンバー1

安全性だけでなく、快適性やファッション性を意識したバイク乗り目線の開発をこだわりとしている。

安全性に特化したアライ、総合的な価値を意識したショウエイという差別化図られている。

ちなみにアライ、ショウエイともに四輪用のヘルメットも製造していたが、現在ではアライのみ製造を続けている。

ちなみにショウエイはインターネットでの販売についてはフィッテイングの観点からオススメしておらずオンラインで購入出来なくなるかもしれない。詳しく紹介しているので下の記事をチェックしてみて欲しい。

【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
ヘルメット ショウエイ SHOEI X-14 NORICK ’04 阿部典史 [X-FOURTEEN エックス-フォーティーン ノリック ’04 TC-2 BLUE/RED] S M L XL 2XL (L)
ショウエイ

created by Rinker
ショウエイ(Shoei)
¥147,594
(2022/09/30 20:15:03時点 Amazon調べ-詳細)

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 PHILOSOPHER (フィロソファー)TC-1 (RED/BLACK) M (頭囲 57~58cm) –
ショウエイ(Shoei)

ショウエイ (SHOEI) Glamster バサルトグレー S(55cm)
ショウエイ(Shoei)

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】ショウエイのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【SHOEI】ショウエイヘルメットの話【世界で認定、アライより安全?、Z-7、Z-8】 「アライ」と並び日本のトップヘルメットメーカーとして君臨する「ショウエイ」。 世界的なシェアで見た場合は「SHOE...

 

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

f:id:vanken58:20180430125329j:plain

株式会社 オージーケーカブト

創業1982年。始まりは自転車のグリップ製造会社「大阪グリップ化工」という会社。

その Oosaka Grip Kakou の略称が現在のOGKとなった。

自転車もチャイルドシートやバスケット、創業時から続くグリップの製造を行うOGK技研とは分社化され、自転車・オートバイのヘルメットに特化したのが株式会社OGK KABUTO。

バイクヘルメット界隈ではアライ、ショウエイに続く3番目の立ち位置。

アライ、ショウエイはハーフタイプのヘルメットを一般販売していないが、オージーケーカブトは2016年までは生産していた。しかし現在は作っていないのをみるに、近年のバイク乗りの意識向上が感じられる。

アライ、ショウエイと比べると安価な製品が多く、敷居が低いため初心者ライダーの最初のヘルメットに選ばれることが多い

安全性能も十二分、一般道を走るには文句なし。MFJ公認を取得したモデルもあるためレース等に使用することも可能。

ちなみにこんなに可愛らしいキャラクターもいる。

名前はKabutoマンマンだから男性なのであろう。オージーケーカブト特別契約社員らしいので正社員目指して精進してほしい。

 

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】OGK KABUTOのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【OGK KABUTO】オージーケーカブトの話【サイズ、ヘルメット、JIS】 今回は国内メーカー№3との呼び声高いOGK KABUTO(オージーケー カブト)の話。 アライやショウエイの影に隠れがちな...

 

WINS

f:id:vanken58:20180430125647p:plain

株式会社 ウインズジャパン

ヘルメットメーカーの中では平成21年2月 石川県金沢市で設立とまだまだ新しいメーカー

代表の片岡匡史は元国内A級ライセンスのバイクレーサー。「二輪業界の衰退に歯止めを」と立ち上がりWINSを設立。

この片岡氏、2011年にイギリスの新興メーカー メガリの輸入会社を設立している。

このメガリ、250ccの同クラスにはないデザイン性の高さと、破格の新車価格と少々トラブルが起きやすい品質で話題となった。2018年現在は販売を終了している。

WINSの特徴としてはOGK KABUTOとよく比較される安価な価格である。

特筆すべきはA-FORCE シリーズ。軽くて丈夫な素材カーボンを使用し、1,200~1,300gの軽さ

例としてArai の代表作の一つ、QUANTUM-Jは1,580g

他のメーカーでもカーボンヘルメットは存在するが、カーボンヘルメットというジャンルで比べるなら例として、AraiのRX7-RCカーボンヘルメットは希望小売価格なんと24万円

WINSのカーボンヘルメットなら3万台とかなりお手頃。

しかもインナーバイザーまでついている。

安全面もJIS規格を通っているので不安要素はない。

ウインズジャパン〔WINS JAPAN 〕 FF-COMFORT GT-Z マットブラック×レッド XL 5810 フルフェイス ヘルメット
ウインズジャパン(Wins Japan)

ウインズジャパン〔WINS JAPAN 〕A-FORCE カーボン×レッドインナー L 58-59 507 フルフェイス ヘルメット
ウインズジャパン(Wins Japan)

またサウンドテックというヘルメット用スピーカーも作っており、WINSのヘルメットには全てこれを取り付けれる専用設計だとか。

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】WINSのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【WINS】国内屈指のアイデアメーカー「ウィンズ」の話【評判、良コスパ】今回は国内のヘルメットメーカーの中でも新進気鋭のメーカー「WINS(ウィンズ)」の紹介。 新しい機能や洗礼されたデザインのヘルメッ...

 

 

Y’S GEAR

f:id:vanken58:20180430125922g:plain

株式会社 ワイズギア

1997年、ヤマハ発動機株式会社の純正アクセサリー専門の子会社として設立。

バイク用品はもちろん船体用品・ライフジャケット等のマリン用品・自転車用品・スノーモービル等の部品等々、ヤマハ発動機が展開している純正オプションやアクセサリー関係の製造をしている。

シンプルなデザインが多く、一般道を走行するなら安全性も快適性も十分な性能。
価格も1万~高くても3万円台とリーズナブル。

ZENITH(ゼニス)はメーカー?

ワイズギアのヘルメットでよく見かけるのZENITH(ゼニス)

これはワイズギアヘルメットのブランド的位置付けであり、メーカーでは無いので覚えておいてほしい。

少し前はフルフェイスのRoll Bahn(ロールバーン)(YF-1C Roll Bahn)、そしてモデルチェンジと共に無くなってしまったが、シールド付オフロードヘルメットのGIBSON(ギブソン)があった。(現在はYX-6 ZENITH)

 

ZENITH(ゼニス)  

 

Roll Bahn(ロールバーン)

 

GIBSON(ギブソン)

ヤマハ(YAMAHA) バイクヘルメット オフロード YX-3 GIBSON Version-T2 M(57-58cm) グリーン 90791-1763M
ヤマハ(Yamaha)

 

ワイズギアと HJC の関係

ワイズギアのヘルメット製品の全てではないが、そのほとんどは韓国のメーカー HJC のOEM製品となっている。

気になる方はヘルメットの中のタグにMADE IN KOREAの記載がないか確認してみてほしい。

過去にはフルフェイスタイプのハイエンドクラスにはアライショウエイコラボした歴史もある。

ワイズギアについて詳しく説明した記事HJCについての詳しく説明した記事ではHJCヘルメットワイズギアの製品比較して書いているので良かったら読んでみてほしい。

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

【参考記事】ワイズギアのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【Y'S GEAR】ヤマハ純正アクセサリーヘルメット「ワイズギア」の話【HJC・SHARKとの関係、ゼニス】HONDA(ホンダ)・kawasaki(カワサキ)・YAMAHA(ヤマハ)・SUZUKI(スズキ)。 世界で愛されている日本の二輪...

【参考記事】HJCのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【HJC】「エイチジェーシー」というヘルメットメーカーの話【安全性、韓国、ワイズギアとの関係】今回は韓国のヘルメットメーカー 「HJC(エイチジェーシー)」を紹介していく。 バイク用品店にも数多く並び、motoGP等のモータ...

 

 

リード工業

 

リード工業株式会社

1949年創業自転車の部品製造から始まっている。

バイク関係のアクセサリーを幅広く扱っており、ヘルメット・グローブ・ハンドルカバー・レイングッツ・チェーンロック・バイクカバー・リアボックス・ネット・スマホホルダー・HIDキット等

他社と比較するとハーフタイプのヘルメットのラインナップが充実している。コルクハーフヘルメットも現役で販売している漢っぷりなメーカー。

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】リード工業のヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【リード工業】70年以上「ものづくり」をリードするメーカーの話【ヘルメット、】 アライ   :1902年 マルシン工業:1948年 リード工業 :1949年 ショウエイ :1954年  ...

 

 

マルシン工業

 

f:id:vanken58:20180430231042g:plain旧ロゴ

 

新ロゴ
新ロゴ

 

マルシン工業株式会社

1948年創業。自動車とオートバイの風防の製造販売から始まり、1962年からバイクのヘルメットを生産、約30年間国内にて生産していたが、現在は東南アジアにてOEM生産にシフト。

以前はV・ロッシでお馴染みのイタリア産ヘルメットメーカー AGVの取り扱いをしていたが、2016年に終了。

SG規格を取得しているので安全性は〇。

近年にロゴを一新し商品ラインナップも新しくなった

流行りのネオクラシックバイザー付ジェットタイプなどのヘルメットを続々と投入し、TwitterなどのSNSも積極的に更新し、新しいファンを増やしている。

今後の新アイテムに目が離せないメーカーなので、是非チェックして見てほしい。

 

 

 

ちなみにモデルガン等で有名なマルシン工業とはまったく関係ない

マルシン工業公式サイトより

 

 

そしておかもちマルシン出前機ともやっぱり関係ない

http://yamaya-s.co.jp/machine/demae/demaeki_marusin.html

 

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

【参考記事】マルシン工業のヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【マルシン工業】マルシン工業というメーカーとは、の話【安全性や評判、ツイッター】 「日本を代表するヘルメットメーカーはどこですか?」 と問われたらあなたはなんと答えるだろうか? アライ それと...

 

 

DAMMTRAX (ダムトラックス)

f:id:vanken58:20180507225729j:plain

 

株式会社 ダムトラックス

1994年設立。ヘルメット以外にもヘルメットパーツ・グローブ・ステッカー等を販売している。

攻めたもの作りをコンセプトに「面白いものしか作らない」「ノイズを起こすチーム」と自ら謳っている。

 

ファッション性に重きを置いており、ジェットタイプヘルメットのJET-Dは帽体が小さく、また深く被れるため頭でっかちにならず、実にファッショナブルなアイテム。

SG規格のため公道での使用も可。

 

ダムトラックス オーバーグラスゴーグル (BKライトスモーク) DAMMTRAX BLASTER OVER GLASS GOGGLES UVカット フルフェイスヘルメット ジェットヘルメット ハーフヘルメット バイクヘルメット シールド ブラスター BLASTER 在庫,BKライトスモーク
ダムトラックス(Dammtrax)

 

 

神奈川県の箱根にあるバイク乗りの聖地大観山にてダムトラックスカフェなるものを開いている。

飲み物や食べ物、そしてダムトラックス製品を購入することができる。全社員の名刺の裏にはコーヒー無料券が付いているらしいのだが、社員数は7名らしいので見つけるのはかなりのレアなのでは。。。

ちなみにペット用のヘルメットも販売している。公道での使用は禁止されている装飾品となるので飼い主が着用するのはNG

f:id:vanken58:20180507233024j:plain

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】アメリカンバイクに似合うヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【厳選5選】アメリカンバイクに似合うおすすめのヘルメットの話【ハーレー、ジャメリカン、クラシック】 今回はアメリカンバイクに乗っている方におすすめのヘルメット5選の紹介。 安全性の観点からハーフタイプのヘルメットは...

 

 

 

TT&CO.(ティーティー・アンドカンパニー

有限会社ティーティー・アンドカンパニー

オールドハーレー(古いハーレーダビッドソン)を得意とするカスタムショップから始まった東京都江戸川区に構える日本一小さいヘルメットメーカー

帽体が小さく深くかぶれるの頭が小さく見えて格好良くなれるジェットヘルメット「スーパーマグナム」や、映画「MAD MAX(マッドマックス)」をイメージして作られた「MAD MASSK(マッドマッスク)」など個性的なヘルメットが目立つ(北斗の拳っぽい気もする)。

マッドマッスクJ02 ローマン マスク付 ジェットヘルメット ホワイト マッドマックス ビンテージ ヘルメット フルフェイス SG/PSC Mad Max HiGH&LOW ハイアンドロー
TT&CO.

ラインナップには安全規格であるSG規格を取得した「乗車用規格ヘルメット」公道での使用は不可となるファッションヘルメットの「装飾用ヘルメット」がある。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...
【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...

 

東京都江戸川区の店舗はオールドビンテージアメリカンな雰囲気に決まっていて好きな方にはたまらない空間

引用: TT&CO.公式HP
1階が店舗&工房、2階が工場となっている

 

 

 

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【参考記事】アメリカンバイクに似合うフルフェイスヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【フルフェイス限定】アメリカンでも似合うフルフェイスの話【6選】今回はアメリカンバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプに絞って紹介。 ハーフやジェットもかっこいいですが、風が吹き付ける厳し...

 

立花

株式会社 立花

1966年に東京都墨田区にて創業。地名である立花が名前の由来。

立花と言えばキラキラのラメが入った鮮やかなカラーのビンテージタイプのジェットヘルメットではないだろうか。

このタイプのジェットでは強気な価格設定だが、熱狂的なファンもいるそうでバイク用品店で取り扱っているのをよく見ることがあったが、、、

公式ホームページと見られるページは私が確認した2018年5月頃から、見ることができないもしや倒産?詳細は分からず、、、

・立花 公式HP http://www.tachibana-helmet.com/

・代表電話番号:03-3653-6277

電話は繋がるが「ただいま留守にしております。」になってしまう。

新品を買うことはほぼ困難になってしまったので、ヤフオクメルカリなどで中古品を手に入れるしかないかもしれない。

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

 

真田嘉商店(さなだよししょうてん)

 

有限会社 真田嘉商店

知る人ぞ知るヘルメットメーカー。香川県に本社を構える。

自転車通学のヘルメットも製造しており、品質の高さと価格の安さでシェアも多い。

反射テープが純正で付いていたりとかなり業務用なヘルメットを取り扱っている。

新海誠作品の一つ「秒速5センチメートル」第二話「コスモナウト」のワンシーンで似たようなヘルメットが映るのが確認できると思う。

モデルとなった種子島中央高等学校単車通学が認められており、指定車種はホンダ スーパーカブ

ヘルメットの指定はないようだが、この画像のヘルメットは真田嘉商店製とよく似ているに見える。

 

f:id:vanken58:20180514151245j:plain
f:id:vanken58:20180430233545j:plain引用:秒速5センチメートル

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

 

おまけ:海外のメーカーをちょっとだけ紹介

 

BELL(ベル)

From USA
ビンテージ物好きなら無視できないのがこのBELL

自動車のパーツメーカー「BELL」が始まりの舞台。そこに入社したロイ・リクターが1954年に初めてのヘルメットを作ったことが始まり。そして1956年ベルヘルメットはのBELL自動車部品店の1部門として設立された。
これで正式なBELL HELMETの誕となる。

70年代アメリカでは圧倒的なBELL一強時代
伝説のライダー ケニー・ロバーツエディ・ローソン
モトクロスの分野ではボブ・ハンナリック・ジョンソンなどのチャンピオン達はBELLのヘルメットを着用していた。

 

【参考記事】BELLのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【BELL】アメリカの伝統 ベルヘルメットの話【フルフェイスの原点、ハーレー、評価】MADE IN U.S.A のヘルメットメーカー代表なら「BELL(ベル)」と言っても過言でない。 昔から今でも冷めやらぬ人気のビ...

 

 

AGV (エージーブイ)

From イタリア

1947年、レザーの座席やバイクのサドル製造から始まり、翌年1948年からヘルメット製造に着手。

創業者の Gino Amisano(ジノ・アミザーノ)と彼がいた土地名 Valenza(ヴァレンツァ)の頭文字からA.G.Vと名付けられた。

イタリアのレースで初めて使用されたフルフェイスヘルメットAGV
レジェンド・ライダー ジャコモ・アゴスティーニが使用し、当時の彼のヘルメットを正面から見た形が現在のロゴになっている。

その後もケニーロバーツ、バリーシーンなどの偉大なライダー達が使用してきたAGVだが、日本でこれほどまでにAGVの認知度に貢献したのは紛れもなくバレンティーノ・ロッシ。

 

【参考記事】AGVのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【AGV】「AGV-エージーブイ」というヘルメットメーカーの話【レジェンド、ロッシ、K5、】今回はあのレジェンド達が愛用したイタリアのメーカーAGVの話。 motoGPライダー バレンティーノ・ロッシが使用していることで知...

 

 

HJC(エイチジェーシー)

From 韓国

株式会社 ホンジンHJC。1971年にホン・ワンギによって創業。

このホン・ワンギの人生の目標はヘルメット分野において日本企業に勝つことらしく、2001年、念願の日本のメーカーを抜いて世界市場シェア1位になった、、、らしい(情報のソースが韓国企業の独自調査だったりするらしい。)

ヘルメットの開発一筋で来たとあって種類・カラーリング・オプション・サイズ豊富であり、需要に合わせた柔軟な対応と現地での問屋との連携がうまく確実な取引でシェアを増やしている。

 

【参考記事】HJCのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【HJC】「エイチジェーシー」というヘルメットメーカーの話【安全性、韓国、ワイズギアとの関係】今回は韓国のヘルメットメーカー 「HJC(エイチジェーシー)」を紹介していく。 バイク用品店にも数多く並び、motoGP等のモータ...

 

SHARK(シャーク)

From フランス

フランスのマルセイユで二人の兄弟と元レーサーの三人で始まった情熱は1989年に正式に「SHARK(シャーク)」という会社が設立される。

1991年に炭素繊維(カーボン)を使用したヘルメットを工業的に製造した最初のメーカーとなる。

フランスの持っている技術を全て突っ込んだような安全性能、空力学そしてデザインへのこだわりが感じられる。

 

【参考記事】シャークのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【SHARK】フランスのレーシング魂 シャークヘルメットの話【安全性、ロレンソ、DRAK】フランスのレーシングスピリットヘルメットメーカー「SHARK(シャーク)」の紹介。 フランスを代表するこのメーカー、レース界ではか...

 

 

FOX(フォックス)

From アメリカ

1974年創業。

モトクロスBMXやサーフ・ウェイクボード等のアクティブスポーツ全般のギアやアパレルを販売している大手メーカー

元はレース用のサスペンションやエンジン部品の製造を行っていた

モトクロスのレースに出場した際、FOXの選手達が着ていた「レッド・イエロー・オレンジのユニフォームが反響をよび問い合わせが殺到するほどの熱狂的なファンを誇る。

 

 

【参考記事】フォックスのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【FOX HEAD】「FOX-フォックス-」の話【FOX RACING、SHIFT、V1】オフロードを嗜んでいる方はもちろん、オンロードを嗜む方でも「FOX-フォックス-」という名前を知っている方は多いのではないだろうか。 ...

 

 

KYT(ケーワイティー)

From インドネシア

1998年設立。デザインはイタリアのメーカーSUOMY(スオーミー)と共同開発。

モータースポーツの支援に力を入れており、motoGPや、MXGP(モトクロス選手権)EWC(エンデューロ世界選手権)で使用しているライダーもちらほら。
2015年に本社工場がインドネシア初のSG認証工場として承認される。KYT ジャパンを立ち上げ本格的に日本市場に進出している。

 

 

【参考記事】KYTのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【KYT】インドネシアのヘルメットメーカー「KYT」の話【SUOMY、サイズ、評判】今回は私が最近注目している「インドネシア」のヘルメットメーカー 「KYT(ケーワイティー)」の紹介。 幅広いラインナップと、世界...

 

まとめ:日本国内には世界に誇れるメーカーがたくさん

国内だけでもかなりのヘルメットメーカーがあります。

その中でも今回は11メーカーを紹介させて頂きました。

今回紹介しきれなかったメーカーもあるので全てを網羅できたわけではないですが、今回の話を全て読んでくれた方々は周りよりは少しだけヘルメットメーカーに詳しい人になれたと思います。

バイクに乗る際、ヘルメットを被るときにちょっとだけ今回紹介したメーカーの背景を知っておくと違った視点からバイクライフを楽しめると思います。

また気になったメーカーがあったら実際に手に触れてみてはいかがでしょうか。

 

「ここに載っていないこんなメーカーがあるよっ」と知っている方がいましたら下のツイッターなり、お問合せからご連絡頂けたら嬉しいです。

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

それではまた別の話で

 

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...

三大通販サイトのヘルメット売れ筋ランキング

メーカーまとめの話一覧

日本国内のメーカーまとめ
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカーほぼ網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
海外のメーカーまとめ1〜5
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その⑤【LS2、TroyLee、Alpinestars、SPEED AND STRENGTH、BEON、GMAX、Klim】 海外のヘルメットメーカーの話も気が付いたら第5弾。 マニアックなメーカーを知っておきたいバイク乗りの方は是非読んでみてくだ...

 

ヘルメットに関する話

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...
【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...
【エアーヘッド】ヘルメットで潰れる髪の話【髪型、アクセサリー】 今回はヘルメットをかぶると髪が潰れてしまう問題の話。 ヘルメットを長時間かぶっていると重さや汗をかいて髪がぺったんこになっ...
【守りを考える】ヘルメットロックの悩みを解消するアイテムの話【タンデム、雨対策】今回はヘルメットロックを快適にするアイテムの話。 ヘルメットロックとは、バイクから降りている間などに、大切なヘルメットをバイクにロ...

 

バイク乗りに読んでほしい話

【バイク✖︎筋肉】ライダーに必要な筋肉の話【GPライダーも筋トレしてる】 今回の話はすこし変わり種。 近年のフィットネスブームに乗っかり、バイク乗りの方にも関係がある筋肉の話をしようかと。 ...
【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
【おすすめムービー】バイク乗りにオススメできる映画5作品【プライムビデオ、hulu、U-NEXT、NETFLIX、dTV】今回はヘルメットの話ではなく、ちょっと枠を飛び出して映画の話。 といってもこのサイトに来てくれてる方に紹介するならバイクと関係なしはい...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...
【バイクも安心】JAFってどこまでしてくれる?の話【任意保険との違いも】JAF(ジャフ)という言葉を知っていますか? ほぼ100%の方が知っている言葉だと思います。 ではこの「JAF」は何の略か知って...
【ガチガチ】固着した「ボルト」を外す方法の話【空回り、折れた、ナットも】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ボルトが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車...
【ガチガチ】固着した「ネジ」を外す方法の話【回らない、サビ、潰れた】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ネジが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車の...