まとめ

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O’NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】

海外のヘルメットメーカー紹介 4

人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。

今回はオフロードタイプに特化したメーカーが少し多いかもしれません

林道・オフロードを嗜むバイク乗りの方はよくチェックしてみて下さい。

それではどうぞ。

 

 

 

SCORPION(スコーピオン)

・From アメリカ

あまりお馴染みのないメーカーに感じる方も多いと思うが、少し前まではスズキの純正ヘルメットに採用されていたメーカー

現在は内装やバイザー等のパーツのみ取り扱っておりヘルメットそのものの販売はしていない。

2000年代初頭に登場したスコーピオン。品質は高く値段は手頃なヘルメットで人気を伸ばす。国内のメーカーで例えるならOGK KABUTOのようなポジション。

motoGPやダカールラリーでも使用されている。

アメリカの顧客満足度を調査するJ.D. Powerの2011年レポートによると

  • 1位 Arai(アライ)
  • 2位 Icon(アイコン)
  • 3位 SHOEI(ショウエイ)
  • 4位 ハーレーダビッドソン
  • 5位 スコーピオン

となっている。(海外でもアライ、ショウエイの人気は流石)

安全規格もしっかり取得しており、アメリカの規格DOT、おなじみSNELL、そして近年ではECE22.05も取得しヨーロッパへと市場を広げている。

安全規格についての詳細はこの話を見て下さい

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】 今回はオートバイ用のヘルメットに付いている こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃ...

シンプルなヘルメットからアメリカらしい攻めたデザインのヘルメットを展開しており、EXO-COMBATはアメリカンでも似合うフルフェイスの話でも紹介している。

SCORPION (スコーピオン) Exo-Combat ソリッドブラック システム フルフェイス ヘルメット 919538 S (頭囲 55cm~56cm) 919538
Scorpion

 

 

【フルフェイス限定】アメリカンでも似合うフルフェイスの話【ジェット以外、変わったヘルメット、カフェレーサー、クラシック】 今回はアメリカンバイクやクラシック、カフェレーサータイプのバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプにフォーカスした話。 ア...

ラインナップもフルフェイスからハーフ、オフロードタイプと幅広く揃っている。

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場 

MOTORAD

 

 

スコーピオンのもっと詳しい話はこちらへ

【SCORPION EXO】スコーピオンのヘルメットの話【アメリカ、評判、スズキ?、安全性】国内ではあまり見かけることは少ないが、アメリカでは非常に認知度の高いメーカー「SCORPION EXO(スコーピオン)」の紹介。 ...

 

 

O’NEILL(オニール)

・From アメリカ

モトクロス・サイクリングのウェア関連を製造しているメーカー。

創業者のジム・オニールが地元のライダー達にモトクロスのスペアタイヤやパーツを販売したのが始まり。

ヘルメットのラインナップは

現行だと10・5・3・2シリーズ(数字が大きいほどハイエンドモデル)過去のモデルには87シリーズもある。これらはゴーグル使用前提のシールドがないモデル

O’Neal オニール 2018年 3 Series 3シリーズ ヘルメット Rancid ランシド フラットマルチ/XL [並行輸入品]
Oneal

Sierra II シリーズはインナーサンバイザーとシールドがついたデュアルパーパスタイプ。

Slat シリーズはビンテージモトクロスタイプとなっている。

ちなみにスノーボードウェアやサーフウェアで有名なメーカーにもオニールがあり混同しがちだが別のメーカー

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場 

 

 

FOX(フォックス)

・From アメリカ

1974年創業。モトクロス・BMXやサーフ・ウェイクボード等のアクティブスポーツ全般のギアやアパレルを販売している大手メーカー。元はレース用のサスペンションやエンジン部品の製造を行っていた。モトクロスのレースに出場した際、FOXの選手達が着ていた「レッド・イエロー・オレンジのユニフォームが反響をよび問い合わせが殺到するほど。

そんな過去もあってかFOXはアパレルが豊富。有名なファッションブランドのSupremeとコラボレーションしたアイテムも出ている。

ヘルメットのラインナップは現行モデルはV3・V2・V1となっている。(数字が大きいほどハイエンドモデル)過去モデルにはV4まであった。全てゴーグル使用前提なのでシールドはついていない

created by Rinker
フォックスレーシング FOX Racing
¥56,800
(2021/09/19 20:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

FOX フォックス 2019年 V1 ヘルメット Motif モチーフ ブルーグレー/M(57~58cm) [並行輸入品]
フォックスレーシング FOX Racing

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

バイクブロス

FOXのもっと詳しい話はこちらへ

【FOX HEAD】「FOX-フォックス-」の話【FOX RACING、ヘルメット、V1】オフロードを嗜んでいる方はもちろん、オンロードを嗜む方でも「FOX-フォックス-」という名前を知っている方は多いのではないだろうか。 ...

 

 

 

FLY(フライ)

・From アメリカ

1998年創業。モトクロス・BMX・スノーモービル・水上スキー・ストリート等のギア、アパレルを取り扱っている。

ゴーグル・ウェア・プロテクター・グローブ・ブーツ・ジャージに給水リュックまで本当に幅広いアイテムを展開している。オニールやフォックスに比べると値段も手ごろDOTECEを取得しており、FLY RACING JAPANという日本の正規店があるのでそこで販売されているヘルメットはPCS、SGも取得している。

ストリート部門もあるためフルフェイスやジェットタイプ、ハーフタイプのヘルメットもある。

FLY フライ Tourist ツーリスト ヘルメット Solid ソリッド 青/XL [並行輸入品]
Fly Racing

FLY フライ 9MM ヘルメット German WWII ワールドウォー2 ドイツ軍スタイル マット黒/XXXL [並行輸入品]
Fly Racing

ゴーグル使用前提のヘルメットのラインナップが多いが、トレッカーというシールド付きのモデルがある

FLY フライ 2018年 Trekker トレッカー Dual Sport ヘルメット Solid ソリッド ホワイトグレー/M(57~58cm) [並行輸入品]
Fly Racing

FLY フライ 2019年 F2 カーボン Mips ヘルメット Shield シールド ブラックピンク/XL(約61~62cm) [並行輸入品]
Fly Racing

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

バイクブロス

 

SHIFT(シフト)

・From アメリカ

1996年創設。モトクロスのヘルメット・プロテクター・ジャージ・ギア、そしてアパレルを展開。

FOXの子会社的な存在であり、ヘルメットも共通の物を使用していることがある。(FOXのV1とSHIFTのアザルトは同じヘルメット)

シールド付きのモデルはなく全てゴーグル使用前提のオフロードタイプヘルメットがラインナップ。種類はそんなに多くないがカラーリングが豊富

最近レーベルを4つに分けてそれぞれのスタイルに沿ったコレクションを展開しているが公式のHPの情報が少なすぎて読み取れない。ヘルメットはホワイトレーベルに分類されている。(他はブルー、ブラック、RBCON?というレーベル)

FOX フォックス 2019年 V1 ヘルメット Motif モチーフ ブルーグレー/M(57~58cm) [並行輸入品]
フォックスレーシング FOX Racing

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

バイクブロス

 

KYT(ケーワイティー)

From インドネシア

1998年設立。デザインはイタリアのメーカーSUOMY(スオーミー)と共同開発。

モータースポーツの支援に力を入れており、motoGPや、MXGP(モトクロス選手権)、EWC(エンデューロ世界選手権)で使用しているライダーもちらほら。
2015年に本社工場がインドネシア初のSG認証工場として承認される。KYT ジャパンを立ち上げ本格的に日本市場に進出している。
台湾ではすでにかなりのシェアがある様子
ラインナップはフルフェイス・ジェット・システム・オフロードと一通り揃っている
値段は決して安くはないがカラーリングが独特で他のメーカーとも被らない、けど悪くないデザインなのはさすがイタリアデザインか
Amazonでの取扱いが多いのも〇。

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

バイクブロス

 

 

 

 

終わりに

以上 大人気シリーズ?の海外のヘルメットメーカーの話その4 でした。

今回はモトクロス系のメーカーを多めに紹介したところ、アメリカンなメーカーが多めになっていました。それだけUSAではモトクロス文化が進んでいるということか。

日本のメーカーでもアクティビティなスポーツに特化したメーカーがあっても面白そう。

今回はここまで。

 

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。