まとめ

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O’NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】

海外のヘルメットメーカー紹介 4

人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。

今回はオフロードタイプに特化したメーカーが少し多いかもしれません

林道・オフロードを嗜むバイク乗りの方はよくチェックしてみて下さい。

それではどうぞ。

 

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい外国のメーカーを着用している方も多いですね。 海...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...

 

 

SCORPION(スコーピオン)

・From アメリカ

あまりお馴染みのないメーカーに感じる方も多いと思うが、少し前まではスズキの純正ヘルメットに採用されていたメーカー

現在は内装やバイザー等のパーツのみ取り扱っておりヘルメットそのものの販売はしていない。

2000年代初頭に登場したスコーピオン。品質は高く値段は手頃なヘルメットで人気を伸ばす。

motoGPダカールラリーでも使用されている。

アメリカの顧客満足度を調査するJ.D. Powerの2011年レポートによると

  • 1位 Arai(アライ)
  • 2位 Icon(アイコン)
  • 3位 SHOEI(ショウエイ)
  • 4位 ハーレーダビッドソン
  • 5位 スコーピオン

とアメリカのメーカーだけで比較するとICON、ハーレーに次いで第3位。国内のメーカーで例えるならOGK KABUTOのようなポジション。(しっかし海外でもアライ、ショウエイの人気は流石)

安全規格もしっかり取得しており、アメリカの規格DOT、おなじみSNELL、そして近年ではECE22.05も取得しヨーロッパへと市場を広げている。

安全規格についての詳細はこの話を見て下さい

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりするこんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃんとした内容が設定...

シンプルなヘルメットからアメリカらしい攻めたデザインのヘルメットを展開しており、EXO-COMBATはアメリカンでも似合うフルフェイスの話でも紹介している。

SCORPION (スコーピオン) Exo-Combat ソリッドブラック システム フルフェイス ヘルメット 919538 S (頭囲 55cm~56cm) 919538
Scorpion

MOTORCYCLE STOREHOUSE (モーターサイクル ストアハウス) SCORPION Exo-Combat Ratnikマットグリーン M フルフェイス ヘルメット システム 919551
Scorpion

 

ラインナップもフルフェイスからハーフ、オフロードタイプと幅広く揃っている。

【フルフェイス限定】アメリカンでも似合うフルフェイスの話【6選】今回はアメリカンバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプに絞って紹介。 ハーフやジェットもかっこいいですが、風が吹き付ける厳し...

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場 

 

 

 

 

O’NEILL(オニール)

・From アメリカ

モトクロス・サイクリングのウェア関連を製造しているメーカー。

創業者のジム・オニールが地元のライダー達にモトクロスのスペアタイヤやパーツを販売したのが始まり。

ヘルメットのラインナップは

現行だと10・5・3・2シリーズ(数字が大きいほどハイエンドモデル)過去のモデルには87シリーズもある。これらはゴーグル使用前提のシールドがないモデル

Sierra II シリーズはインナーサンバイザーとシールドがついたデュアルパーパスタイプ。

Slat シリーズはビンテージモトクロスタイプとなっている。

ちなみにスノーボードウェアやサーフウェアで有名なメーカーにもオニールがあり混同しがちだが別のメーカー

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場 

 

 

FOX(フォックス)

・From アメリカ

1974年創業。モトクロス・BMXやサーフ・ウェイクボード等のアクティブスポーツ全般のギアやアパレルを販売している大手メーカー。元はレース用のサスペンションやエンジン部品の製造を行っていた。モトクロスのレースに出場した際、FOXの選手達が着ていた「レッド・イエロー・オレンジのユニフォームが反響をよび問い合わせが殺到するほど。

そんな過去もあってかFOXはアパレルが豊富。有名なファッションブランドのSupremeとコラボレーションしたアイテムも出ている。

ヘルメットのラインナップは現行モデルはV3・V2・V1となっている。(数字が大きいほどハイエンドモデル)過去モデルにはV4まであった。全てゴーグル使用前提なのでシールドはついていない

created by Rinker
フォックスレーシング FOX Racing
¥56,800
(2021/11/30 14:02:42時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
FOX(フォックス)
¥28,380
(2021/12/01 00:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

 

FLY(フライ)

・From アメリカ

1998年創業。モトクロス・BMX・スノーモービル・水上スキー・ストリート等のギア、アパレルを取り扱っている。

ゴーグル・ウェア・プロテクター・グローブ・ブーツ・ジャージに給水リュックまで本当に幅広いアイテムを展開している。
オニールやフォックスに比べると値段も手ごろ

DOTECEを取得しており、FLY RACING JAPANという日本の正規店があるのでそこで販売されているヘルメットはPCS、SGも取得している。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりするこんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃんとした内容が設定...

ストリート部門もあるためフルフェイスやジェットタイプ、ハーフタイプのヘルメットもある。

ゴーグル使用前提のヘルメットのラインナップが多いが、トレッカーというシールド付きのモデルがある

created by Rinker
Fly Racing
¥36,226
(2021/11/30 15:46:47時点 Amazon調べ-詳細)

シールド付きのオフロードヘルメットの話はこちら

【快適オンオフ】シールド付きオフロードヘルメットの話【デュアルスポーツ、アドベンチャー、デュアルパーパス】今回は待望のシールド付きのオフロードヘルメットの話。 「人混みを避ける」世の中にすっかり変わってきた中でツーリングの行き先にも影響が出...

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

SHIFT(シフト)

・From アメリカ

1996年創設。モトクロスのヘルメット・プロテクター・ジャージ・ギア、そしてアパレルを展開。

FOXの経営者同士の意見の食い違いから生まれたメーカーであり、FOXの子供的な存在
ヘルメットも共通の物を使用していることがある。(前モデルのFOXのV1SHIFTのアザルトは同じヘルメット)

シールド付きのモデルはなく全てゴーグル使用前提のオフロードタイプヘルメットジャージグローブアパレルなどのラインナップがある。

リブランディングを実施し、ロゴの一新、スタイルの異なる三つのレーベルを立ち上げている。

created by Rinker
FOX(フォックス)
¥28,380
(2021/12/01 00:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

【SHIFT MX】シフトというメーカーの話【FOXの子会社?】今回はアメリカのモトクロスに強いメーカー「SHIFT(シフト)」の紹介。 FOX racingとの関係、SHIFTがもつ三つのレー...

KYT(ケーワイティー)

From インドネシア

1998年設立。デザインはイタリアのメーカーSUOMY(スオーミー)と共同開発。

モータースポーツの支援に力を入れており、motoGPや、MXGP(モトクロス選手権)EWC(エンデューロ世界選手権)で使用しているライダーもちらほら。
2015年に本社工場がインドネシア初のSG認証工場として承認される。KYT ジャパンを立ち上げ本格的に日本市場に進出している。
台湾ではすでにかなりのシェアがある様子
ラインナップはフルフェイス・ジェット・システム・オフロードと一通り揃っている
値段は決して安くはないがカラーリングが独特で他のメーカーとも被らない、けど悪くないデザインなのはさすがイタリアデザインか
Amazonでの取扱いが多いのも〇。

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

終わりに

以上 大人気シリーズ?の海外のヘルメットメーカーの話その4 でした。

今回はモトクロス系のメーカーを多めに紹介したところ、アメリカンなメーカーが多めになっていました。それだけUSAではモトクロス文化が進んでいるということか。

日本のメーカーでもアクティビティなスポーツに特化したメーカーがあっても面白そう。

今回はここまで。

 

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK KABUTO、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】バイク乗りには欠かせない装備の一つ。「ヘルメット」 ライダーを守るとても大切なアイテムの一つであるヘルメットだが、特に日本製のオー...
【FOX HEAD】「FOX-フォックス-」の話【FOX RACING、SHIFT、V1】オフロードを嗜んでいる方はもちろん、オンロードを嗜む方でも「FOX-フォックス-」という名前を知っている方は多いのではないだろうか。 ...
【KYT】インドネシアのヘルメットメーカー「KYT」の話【SUOMY、サイズ、評判】今回は私が最近注目している「インドネシア」のヘルメットメーカー 「KYT(ケーワイティー)」の紹介。 幅広いラインナップと、世界...
【SCORPION EXO】スコーピオンのヘルメットの話【アメリカ、評判、スズキ?、安全性】国内ではあまり見かけることは少ないが、アメリカでは非常に認知度の高いメーカー「SCORPION EXO(スコーピオン)」の紹介。 ...