まとめ

【マルシン工業】マルシン工業というメーカーとは、の話【安全性や評判】

 

「日本を代表するヘルメットメーカーはどこですか?」

と問われたらあなたはなんと答えるだろうか?

アライ

それとも

ショウエイ

はたまた

KABUTO

 

 

 

2021年5月時点で私はこう答えます。

 

 

マルシン工業

 

 

2021年5月時点ではこう答えます。

 

来月は変わってるかもしれないけど。

 

 

 

そんなわけで今回は日本を代表するヘルメットメーカーマルシン工業」の話をします。

 

 

このページの最後にも言いますがこれだけは覚えていってください

 

 

ヘルメットメーカーマルシン工業」は

 

 

モデルガン・ガスガンで有名なマルシン工業

マルシン工業公式サイト

 

 

とも

 

 

おかもちマルシン出前機

マルシン出前機 1型(ヤマヤ公式サイト)

 

 

 

とも

 

 

 

全く別の会社です

 

 

 

 

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK KABUTO、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】国内外問わず高く評価され、愛用されている方も多い日本のオートバイ用ヘルメット。今回は国内のメーカーの紹介。特徴や強みを雑談交えて話してい...

 

 

 

マルシン工業について

ゆかいなおじさん(マルシン工業公式ツイッターより)

 

 

マルシン工業株式会社

1948年創業。自動車とオートバイの風防の製造販売から始まり、1962年からバイクヘルメットを生産。約半世紀にわたる ヘルメット製造販売の経験ノウハウを持つ。

30年間国内にて生産していたが、現在は東南アジアにてOEM生産にシフト。

以前はV・ロッシでお馴染みのイタリア産ヘルメットメーカー AGVの取り扱いをしていたが、2016年に終了。

 

【AGV】AGVのヘルメットの話【レジェンド御用達、ロッシ】今回はあのレジェンド達が愛用したイタリアのメーカーAGVの話。 motoGPライダー バレンティーノ・ロッシが使用していることで知...

 

 

「マルシンの哲学」は

子供の頃に持っていた、
「遊び心」を大切にしながら
56年の間ヘルメットを製造していた経験を生かし、
次世代のニーズに合った当社独自の
高い品質と性能の商品を供給することにより、
社会貢献と、オートバイ文化の
ステイタス向上を目指します。

 

スローガンは

SAFETY & A GOOD FIT」

 

マルシンのヘルメットの安全性PSCマークを取得して販売しており、SGマーク安全規格をクリアしたものとなっている。

この辺の詳しい説明はこの話を参考にしてほしい。間違った認識をしている方も多いと思うので。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】 今回はオートバイ用のヘルメットに付いている こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃ...

 

生産後は抜き打ちで無造作に選ばれた製品は厳しい品質テストを経て合格した後、しっかりとした品質とともにマルシンのヘルメットは皆さんに届けられている。

https://www.marushin-helmet.co.jp/support/quality.html

 

 

 

 

2018年ごろに会社のロゴを一新。

旧ロゴ

 

 

 

新ロゴ

 

 

商品のラインナップもネオクラシック本格フルフェイスファッショナブルデザインジェットタイプなどが加わりかなり魅力的なっている。

詳しくはこの後で紹介。

 

 

つまりマルシン工業は

約半世紀経験知恵が詰まった安全性快適性優れたヘルメットリーズナブル価格で提供してくれ、あなたのオートバイライフ寄り添ったメーカーと言える。

 

 

 

マルシンのヘルメット紹介

ここからはマルシンヘルメットのラインナップを紹介。(小型125cc以下専用品は今回除いてます

 

END MILL(エンドミル)

 

レトロな雰囲気を纏わせたネオクラシックフルフェイスヘルメット

 

シンプルな見た目ながら

調整可能ベンチレーションリアには排気専用ベンチレーションを搭載。

ヘルメットのリブ(首回り)にはステッチをあしらい細かい部分の見た目も良い

 

内装は外しやすくインカムの取り付けのスペースも十分に確保できている

 

 

シールド標準装備の「クリア
別売りで「スモーク」と「ブルーミラー」が用意。
ただし「スモーク」と「ブルーミラー」は透過率が低く、昼間走行のみの推奨なのでお気をつけて

 

ピンロックシート付いていないので、こちらの汎用の曇り止めピンロックシートも合わせて使用することをおすすめ。
アマゾンでもベストセラー1のアイテム。

 

 

しかしこのスペックで価格が2万円をゆうに下回るのは本当にコスパが良く、レビューやSNSを見てても評判が良い。

 

 

 

DRILL (ドリル)

 

ビンテージテイスト溢れるデザインの、ネオクラシック・フルフェイス ヘルメット

先程のエンドミルと異なりシールドがない漢のスタイルがドリル

 

カラーバリエーションが豊富ライダースタイル愛車カラーに合わせて選べる。

 

 

 

額の3点ボタンには汎用バイザーが取り付け可能。

 

またマルシン公式ツイッターアカウントによるとドリルにぴったりのゴーグル製作中とのことなので楽しみに待っておく。

発売は2021年秋頃とか

https://twitter.com/marushin_helmet/status/1377134284322992140

 

 

 

 

 

TE-1

 

バイザーを備えたジェットタイプ「TE-1

インナーサンバイザー装備日差しにも強くバイザーによってオフロードでも十分に活躍する。

近場から市街地林道ロングでも。ベンチレーションによって内部を快適に保ってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

JE-1

 

進化型ジェットタイプ「JE-1

上の「TE-1兄弟モデルとなる。

インナーサンバイザー装備。

額には大きく開いたベンチレーションを搭載。

内装にはスピーカーホールが設けられインカムの取り付けを楽にしてくれる。
スピーカーを使用しないときのために専用のカバーも用意。

https://www.marushin-helmet.co.jp/products/je-1.html

 

 

 

シールドはクリアの他に「ブルーミラー」もオプションで用意されている。
ただし、インナーサンバイザースモークなので、シールドをブルーミラーに変更した際にはインナーサンバイザーを使用しないように注意してほしい。(透過率が下がりすぎて走行に危険を生じるため

 

 

 

 

MS-340

 

 

 

マルシンで人気の「パイロット型」ジェットヘルメット「MS-340

 

このMS-340はマルシンヘルメットのカテゴリーの中でSAFIT(サフィット)」と呼ばれる位置におり、SAFETY(安全)+ FIT の合成語で「SAFIT」ということらしい。

額に2箇所の可動式ベンチレーション

簡単脱着洗える内装紫外線を防止するUVカットシールド

 

細部にもこだわり決してデザイン面の手抜きは無しと言える。

新しいカラーバリエーションとして「アーミースター」と「アシンメトリック」が追加されているのでチェックしてみて欲しい。

 

 

パイロット型のシールドにはスモークも用意されている。

created by Rinker
マルシン工業
¥2,914
(2021/06/19 11:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

1万円を軽く切っている価格なので、セカンドヘルメットやタンデム用にもちょうどいい。

 

 

 

 

 

終わりに

今回は長い歴史を持つ日本のメーカー「マルシン工業」の紹介でした。

ルシン工業公式Twitterアカウントも面白いのでフォローしてみて下さい。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

みなさん忘れていないですよね?

 

 

ヘルメットメーカーマルシン工業」は

 

 

モデルガン・ガスガンで有名なマルシン工業

マルシン工業公式サイト

 

 

とも

 

 

おかもちマルシン出前機

マルシン出前機 1型(ヤマヤ公式サイト)

 

 

 

とも

 

 

 

全く別の会社です

 

 

 

 

こちらは「わたし」の公式?Twitterアカウントです。

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK KABUTO、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】国内外問わず高く評価され、愛用されている方も多い日本のオートバイ用ヘルメット。今回は国内のメーカーの紹介。特徴や強みを雑談交えて話してい...