ヘルメット

【WINS】国内屈指のアイデアメーカー「ウィンズ」の話【評判、良コスパ】

今回は国内のヘルメットメーカーの中でも新進気鋭のメーカー「WINS(ウィンズ)」の紹介。

新しい機能や洗礼されたデザインのヘルメットをリリースし、注目しているライダーも多いウィンズの歴史やラインナップを中心にお話していくのでぜひ読んでみて下さい。

 

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカー網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...

 

WINS(ウィンズ)について

誕生は2009年と国内のメーカーの中でも新しいメーカー
石川県金沢市で元国内A級オートバイレーサー片岡匡史によって設立。

出典:石川県産業創出支援機構

ウィンズの目新しいヘルメットやアイテムはこのアイデアマンであり、代表でもある片岡さんから生まれている。

実は「インナーバイザーが搭載されたシステムヘルメット」を国内のメーカーで初めて発売したのもウィンズであるという。

インナーバイザー付きシステムヘルメット「CR-I」

出典:WINS JAPAN

 

また、ヘルメットに簡単取付が可能なヘルメット用スピーカーサウンドテック」などのツーリングを快適にしてくれるアイテムもリリース。

2011年には重さわずか1,250gカーボンフルフェイス「A-FORCE(エー・フォース)」を発売(現在は生産終了)。驚くべきは価格で発売当時は税込で3万円台で購入できることも話題となった。

ちなみにカーボンの素材は違うものの、アライカーボンヘルメット「RX-7X SRC」24万円(税抜き)だったのでカーボンヘルメット=超高級品 という概念がぶっ壊された。
しかもこの「A-FORCE(エー・フォース)」はMFJ公認ヘルメットに認定されていので公式のレースにも使用可能なものだった。

 

そのご2014年には貼り直し可能シールド曇りどめレンズ「FOGWINの開発に成功している。(国際特許取得で世界で初めてとのこと)

created by Rinker
ウインズジャパン(Wins Japan)
¥3,300
(2022/12/08 23:28:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

その後はまたまた日本で初めてのインナーバイザーつきオフロードヘルメット「X-ROAD」を発売。現在でもとても人気のあるヘルメットとなっている。

このようにウィンズは代表の片岡匡史氏ライダーであり、レーサーでもあったため、ツーリングも快適レースでも活躍できるようなヘルメットを持ち前のアイデアで続々とリリースしているメーカーと言える。

エヴァンゲリオンとのキャンペーンもしたりと、新しいメーカーなりのフットワークの軽い注目の企業でもある。

出典:ウィンズジャパン

 

ちなみに正式な会社名は「株式会社ウインズジャパン

 

ヘルメット紹介

ここからはウィンズのヘルメットのラインナップを紹介。

A-FORCE RS(エイフォースアールエス)

・フルフェイスタイプ

・2017年9月発売

出典:ウィンズジャパン

 

ウィンズが誇るフラッグシップモデルドライカーボンシェル製で出来てる、、、と聞くとさぞかし高いのだろうと思うなかれ。
定価なんと44,000円(税抜)
気になる重量は公式によるとインナーバイザーがついて1,380g(±50g)となんとも軽い

 

ちなみに軽量フルフェイス王者SHOEIのZ-71385g(Lサイズ)

OGK KABUTOの軽量モデルAEROBLADE 51410g(Lサイズ)

こう並べるとA-FORCE RSがいかに軽いかわかる。

このA-FORCE RSには「FOGWIN引き換えハガキ」が付属。ヘルメット購入後にハガキを送付すると対応のFOGWIN(F-03)を郵送で送ってくれる
このサービスはウィンズの製品にほとんど付属している。

しかしインナーサンバイザー装備でもZ-7ほとんど変わらない重量とは恐れ入る。この軽さツーリングでも疲れの軽減にかなり貢献する

 

グラフィックモデルA-FORCE RS FLASH(エー・フォース アールエス フラッシュ)もラインナップに追加された。

 

ジェットヘルメットタイプA-FORCE RS JETもリリースされている。

ちなみにこのA-FORCE画像に写っているバイク。これはメガリというイギリスのメーカーのバイク。

WINS代表の片岡氏メガリジャパンを設立し、2011年から日本正規輸入をした。その見た目と安価なことから結構注目を浴びたバイクだが2017年に日本での販売は終了している。

 

従来品より5mm長くなったインナーバイザーTypeCが搭載された「A-FORCE RS typeC(エー・フォース アールエス タイプ シー)」
も発売されている。

この5mmの長さが快適性にものすごく貢献しているという。

 

 

【参考記事】ライバル? OGK KABUTOのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【OGK KABUTO】オージーケーカブトの話【サイズ、ヘルメット、JIS】 今回は国内メーカー№3との呼び声高いOGK KABUTO(オージーケー カブト)の話。 アライやショウエイの影に隠れがちな...

 

 

G-FORCE SS(ジー・フォース エスエス)

・フルフェイスタイプ

・2019年5月発売

出典:ウィンズジャパン

 

プリプレグと呼ばれる強くて軽いドライファイバーで出来ている。
こちらはドライカーボンで出来たA-FORCE RSよりも安い32,450円(税込)となっている。

グラフィックモデルG-FORCE SS MONSTER(ジー・フォース エスエス モンスター)
こちらもジェットタイプが用意されている。
created by Rinker
ウインズジャパン(Wins Japan)
¥28,050
(2022/12/08 23:28:35時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにこのシリーズの全てに5mm長くなったインナーバイザーTypeCが搭載されている。

 

 

FF-COMFORT(エフ・エフ・コンフォート)

・システムタイプ

・2014年4月発売

出典:ウィンズジャパン
インナーサンバイザー装備のフルフェイスヘルメット。
5段階でシールドを開閉角度が決まるのでちょうどいい角度で収まってくれるのが嬉しい。
なんと言っても21,000円(税抜)という破格の安さが嬉しい。
created by Rinker
ウインズジャパン(Wins Japan)
¥19,058
(2022/12/08 23:28:36時点 Amazon調べ-詳細)

グラフィックモデルはFF-COMFORT GTZ
created by Rinker
ウインズジャパン(Wins Japan)
¥19,058
(2022/12/08 23:49:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【参考記事】3万円以下で買えるフルフェイスの話は下の記事からどうぞ

【コスパ重視5選】3万円以下で買えるフルフェイスヘルメットの話【高品質低価格】今回は3万円以下で手に入る高品質なフルフェイスタイプヘルメットの話。 ・メーカーの企業努力で価格が低いもの ・型落ちしているが、...

 

MODIFY(モディファイ)

・システムタイプ

・2012年2月発売

  • インナーサンバイザー装備のシステムヘルメット
  • 重量は1650g程度
  • FOGEIN(曇り防止PINロックシート同等品)が貰える
  • グローブしたまま片手で操作しやすいフリップアップとベンチレーション
  • 2万円程度で手に入る安価な価格
  • ベンチレーションの効きがイマイチ
  • サイズのラインナップが少ない。(M、L、XLのみ
  • 巻き込み風が気になる

インナーサンバイザー付きのシステムタイプヘルメット。基本的な性能を抑えていて2万円台で手に入れることが出来る。

風の巻き込みが多少気になる点とベンチレーションの効きが弱いのが欠点

このMODIFYシステムタイプ、ジェットタイプ、システムジェットタイプとあり名前も全てMODIFYとなっている。その理由としては、

3つのスタイルにチェンジできるから。

オプションパーツを揃える必要があるが、夏はジェットタイプ、秋はシステムジェット、冬はシステムと使い分けることができる。

その代わりパーツ数がおおいので安全の為にも点検・整備を忘れずに行ってほしい。

システムタイプヘルメットをご使用の皆様へ。WINS公式ページ

 

created by Rinker
ウインズジャパン(Wins Japan)
¥22,987
(2022/12/08 23:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

【参考記事】おすすめのシステムヘルメットの紹介した話は下の記事からどうぞ

【快適の極み、ツーリング最強】システムヘルメットの話【安全性、利便性、多機能、サンバイザー】2020年もあと少し。バイク乗りとってすっかり寒さに怯えるオフシーズンになりました。 シーズンとか関係なしのガチ勢の皆さんに今回は便利...

 

X-ROAD(エックスロード)

・オフロードタイプ

・2015年4月

  • インナーサンバイザー装備
  • FOGEIN(曇り防止PINロックシート同等品)が貰える
  • 2万円前後の安価でコストパフォーマンスに優れる
  • 3つのスタイルにチェンジ可能
  • 1600gとオフロードタイプでは重め
  • サイズのラインナップが少ない。(M、L、XLのみ

インナーサンバイザー装備のオフロードタイプヘルメットシールドが付いているのでアドベンチャータイプのヘルメットなのだが、3スタイルの使い分けが可能。そのままでトレイルスタイル、シールドを外しゴーグルを付ければモトクロススタイル、バイザーを外してストリートスタイルとして使用することが可能。

出典:ウィンズジャパン

一台三役のこのヘルメット。価格もお手頃でコストパフォーマンスが非常に高い。

ただやはりベンチレーションの効きがあまりよくないとの噂。シールドの湾曲で視界が歪んで見えてしまう欠点も。

初めてのオフロードヘルメットを買いたい方や、オフロードバイクと他のバイク二台で使いたい方には使いやすいヘルメットと言える。

 

出典:ウィンズジャパン

2018年4月に発売されたCOMBATグラフィックモデルがアーミースタイルでかっこいいのでおすすめ。

ウインズジャパン(WINS JAPAN) WINS X-ROAD COMBAT バイク用 マットアーミーグレー サイズ:XL
ウインズジャパン(Wins Japan)

 

【参考記事】シールド付きオフロードヘルメットをまとめた話は下の記事からどうぞ

【快適オンオフ】シールド付きオフロードヘルメットの話【デュアルスポーツ、アドベンチャー、デュアルパーパス】今回は待望のシールド付きのオフロードヘルメットの話。 「人混みを避ける」世の中にすっかり変わってきた中でツーリングの行き先にも影響が出...

 

まとめ

国内のヘルメットメーカーの中ではまだまだ出来たばかりのメーカーWINS

細部の作りこみがまだまだ甘いところがあるとの話が多いが、新しいスタイルのヘルメットを低価格で販売していく姿勢には注目を外せない。細かいところまで改良された時には、ヘルメットメーカーのトップ3を脅かす存在になる日も来るかもしれない。

 

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

それではまた別の話で。

 

 

【参考記事】アライのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【Arai】アライヘルメットの話【安全、躱す、アライ規格】 今回の話は日本トップヘルメットメーカー「アライ」についての話。 ヘルメット選びに悩んでいる方、メーカー「アライ」をもっと知...

 

【参考記事】ショウエイのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【SHOEI】ショウエイヘルメットの話【世界で認定、アライより安全?、Z-7、Z-8】 「アライ」と並び日本のトップヘルメットメーカーとして君臨する「ショウエイ」。 世界的なシェアで見た場合は「SHOE...

 

【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...

 

三大通販サイトのヘルメット売れ筋ランキング

メーカーまとめの話一覧

日本国内のメーカーまとめ
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカー網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
海外のメーカーまとめ1〜5
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その⑤【LS2、TroyLee、Alpinestars、SPEED AND STRENGTH、BEON、GMAX、Klim】 海外のヘルメットメーカーの話も気が付いたら第5弾。 マニアックなメーカーを知っておきたいバイク乗りの方は是非読んでみてくだ...

 

ヘルメットに関する話

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...
【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...
【エアーヘッド】ヘルメットで潰れる髪の話【髪型、アクセサリー】 今回はヘルメットをかぶると髪が潰れてしまう問題の話。 ヘルメットを長時間かぶっていると重さや汗をかいて髪がぺったんこになっ...
【守りを考える】ヘルメットロックの悩みを解消するアイテムの話【タンデム、雨対策】今回はヘルメットロックを快適にするアイテムの話。 ヘルメットロックとは、バイクから降りている間などに、大切なヘルメットをバイクにロ...

 

バイク乗りに読んでほしい話

【バイク✖︎筋肉】ライダーに必要な筋肉の話【GPライダーも筋トレしてる】 今回の話はすこし変わり種。 近年のフィットネスブームに乗っかり、バイク乗りの方にも関係がある筋肉の話をしようかと。 ...
【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
【おすすめムービー】バイク乗りにオススメできる映画5作品【プライムビデオ、hulu、U-NEXT、NETFLIX、dTV】今回はヘルメットの話ではなく、ちょっと枠を飛び出して映画の話。 といってもこのサイトに来てくれてる方に紹介するならバイクと関係なしはい...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...
【バイクも安心】JAFのサービス詳しく解説。の話【任意保険との違い】JAF(ジャフ)という言葉を知っていますか? ほぼ100%の方が知っている言葉だと思います。 ではこの「JAF」は何の略か知って...
【ガチガチ】固着した「ボルト」を外す方法の話【空回り、折れた、ナットも】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ボルトが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車...
【ガチガチ】固着した「ネジ」を外す方法の話【回らない、サビ、潰れた】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ネジが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車の...