ヘルメット

【AXO】イタリア生まれの勝者のメーカーの「AXO」話【アクソー、MXブーツ】

今回はイタリア生まれのメーカー「AXO アクソー 」の話

ヘルメットに限らず幅広いアイテムを取り扱っており、オンロード・オフロード問わないスポンサードしているメーカーなので読んでみて下さい。

 

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK KABUTO、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】バイク乗りには欠かせない装備の一つ。「ヘルメット」 ライダーを守るとても大切なアイテムの一つであるヘルメットだが、特に日本製のオー...
【SHIFT MX】シフトというメーカーの話【FOXの子会社?】今回はアメリカのモトクロスに強いメーカー「SHIFT(シフト)」の紹介。 FOX racingとの関係、SHIFTがもつ三つのレー...

 

AXOについて

引用:AXO公式

 

AXO は1978年に設立。

「AXO」の名前の由来はイタリア語で勝者エースを表す「asso」。そして最初に作った製品がMXブーツだったことから「asso」の「ss」を「x」に変え「axo」に。

最初の製品がオフロードブーツだったこともあり、設立当初はオフロードに重点を置いていたが、すぐに製品の範囲を拡大。

今日ではストリートモトクロスの全身をカバー出来るフルセットのギアを提供している。また休憩中や目的地についてバイクを降りた時にもバイク乗りが好みそうなカジュアルコレクションも用意されている。

 

2003年には「Axo America Inc.」がアメリカカリフォルニアに設立され、活気ある商業の中心地であり、重要な研究開発拠点となっている。

近年ではMTB(マウンテンバイク)用のアイテムもラインナップに新しく登場している。

レースの世界においてもAXOは
・motoGP
・Superbike
・Supercross
・Motocross
・Supermotoなどでライダーのスポンサーをしている。
AXO製品は過去30年間、ジェフ・スタントン、ジェレミー・マクグラス、リッキー・カーマイケル、ロリス・カピロッシ、ジェームス・トーズランド、イヴァン・ラザリーニ、アントニオ・カイローリ、シルヴァン・ギュントーリなどのワールドチャンピオン達の貢献により開発、ブラッシュアップをしてきた。

 

AXO の企業理念は
「モータースポーツやサイクルライディングのためのアパレル、フットウェア、アクセサリーを開発、製造、販売すること。ライダーがスポーツにおいて自分の限界を超えて達成することで、その人らしさをより明確にし、スポーツの活動を通じて人生と幸福を豊かにすること。」

 

ちなみに
実は日本のあのキャラクター達とのコラボレーションヘルメットを販売していたこともある。

そう、ルパン三世

イタリアでも放送されているらしくイタリアの方からしたら「ルパン三世」はかなり親しみのある日本のアニメとのこと。

ルパンの愛車の中でも人気のある「FIAT 500(チンクエチェント)」もイタリア製だから縁もあるのかも。

FIAT 500

 

トリビアになるが

  • ルパン3世
  • 次元大介
  • 石川五ェ門
  • 銭形幸一

たちはイタリアでもそのままの名前だが「峰不二子」だけ「マルゴー」と言う名前らしい。

 

ヘルメット紹介

AXOのラインナップ紹介

Corsair

航空宇宙産業からの最高の技術で製造された最新世代のフルフェイスヘルメット。

AXOのランナップの中でもフラッグシップモデルとなりカーボン・ケブラー・グラスファイバーのプリプレグ素材でシェルが構成され、空気抵抗と軽量性ではトップクラス。

インナーサンバイザーと曇り防止のピンロックシートがついておりツーリングでも大いに活躍できる。

 

RS01

インナーサンバイザーと曇り防止ピンロックシートが兼ね備わったツーリングフルフェイスヘルメット「RS01」

ECE22-05の規格も通っており安全性も申し分ない。

他のライダーと絶対に被らないフルフェイスの一つ。

 

 

MM Carbon Evo

カーボンで作られた安全、快適で非常に軽量な「モトクロス」ヘルメット。

シンプルでありながら4つの通気孔で構成された非常に効果的な換気システム
もちろん内側のパッドは完全に取り外して洗える。

重量はなんと1,080g
ECE 22.05の認証も取得。

クロームコーティングされた顎の部分がイカす。

 

Tribe

 

ファイバーグラス複合素材シェルで作られたモトクロスヘルメット「Tribe」

抗アレルギー性の取り外し可能で洗える内装で本格オフロードでも活躍してくれる。

 

Jump

オフロード入門にぴったりのオフロードヘルメット。

安価であるものの、機能面的には他の製品と劣るどころか、むしろ多機能

ピークバイザーは調整可能で交換もできる。内装は抗アレルギー素材で脱着可能。

安全規格では ECE 22.05の他にDOTも取得している。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりするこんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃんとした内容が設定...

 

EMX

シールド付きオフロードヘルメット「EMX」

インナーサンバイザー装備でオンでもオフでもツーリングでもこなしてくれる。

重量約 1.600 g と多少重いのが欠点。とはいえこのタイプだと普通くらいの重さ。

【快適オンオフ】シールド付きオフロードヘルメットの話【デュアルスポーツ、アドベンチャー、デュアルパーパス】今回は待望のシールド付きのオフロードヘルメットの話。 「人混みを避ける」世の中にすっかり変わってきた中でツーリングの行き先にも影響が出...

 

終わりに

今回はイタリアのモトクロスブーツから始まった「勝者」を意味するメーカー「AXO -アクソー-」の紹介でした。

ヘルメット以外にも魅力的なアイテムが多いので気になった方はチェックしてみて下さい。

AXO最初のアイテムと言われるオフブーツも検討してみて。

created by Rinker
AXO
¥78,272
(2021/12/01 09:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。

【SHIFT MX】シフトというメーカーの話【FOXの子会社?】今回はアメリカのモトクロスに強いメーカー「SHIFT(シフト)」の紹介。 FOX racingとの関係、SHIFTがもつ三つのレー...
【FLY racing】フライレーシングというメーカーの話【オフもオンも?】今回は「FLY racing(フライレーシング)」というメーカーの話。 オフロード関連に強いメーカーだが、会社もアクティブなフライ...
【FOX HEAD】「FOX-フォックス-」の話【FOX RACING、SHIFT、V1】オフロードを嗜んでいる方はもちろん、オンロードを嗜む方でも「FOX-フォックス-」という名前を知っている方は多いのではないだろうか。 ...