ヘルメット

【KYT】インドネシアのヘルメットメーカー「KYT」の話【SUOMY、サイズ、評判】

今回は私が最近注目している「インドネシア」のヘルメットメーカー
KYT(ケーワイティー)」の紹介。

幅広いラインナップと、世界中で活躍してきた経緯を楽しんで貰えたらと思います。

 

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...

 

KYT(ケーワイティー)とは

1998年、インドネシアにて設立。

インドネシアにおいては、長い歴史を持ち、インドネシア国内ヘルメットシェアの80%を占める国民的ヘルメットメーカー。

転換のきっかけとしては、創業者のエディ・テジャクスマ氏の「モータースポーツのレースシーンに置いて最高のパフォーマンスを発揮する品質を重点としたヘルメットブランドの確立」という思いからだった。

※写真右側がテジャクスマ氏

https://aseanrecords.world/kyt-indonesia-the-largest-helmet-brand-in-southeast-asia/

 

KYTがレースシーンにおいてパフォーマンスを発揮できた背景には、
イタリアの名門ヘルメットメーカー「SUOMY(スオーミー)」との協力関係を築いたことにある。

レースシーンにおいて長年活躍してきた「SUOMY」の技術と「KYT」の技術を取り込み、

「ストリートからレースまで」
「エントリーレベルからハイエンドレベルまで」

幅広いラインナップを手に入れることが出来ているメーカーといえる。

またKYTブランドの欧州販売代理店をSUOMYが担っているのも、欧州においてもKYTが認知されている大きな要因といえる。

【SUOMY】イタリアの名門ヘルメットメーカー、スオーミーの話【イタリア、KYTとの関係、SR-GP】レース界隈(オンでもオフでも)で人気の鮮やかグラフィックが目立つイタリアの名門メーカー「SUOMY(スオーミー)」の話をします。 ...

 

MotoGPのレーサーであるアンドレア・イアンノーネ、Moto2ザビエル・シメオンSBKロレンツォ・サバドーリなどのオンロードレーサー達のの活躍、

またオフロードにおいてもJEC(全日本選手権エンデューロ)、MXGP(モトクロス選手権)、EWC(エンデューロ世界選手権)でKYTヘルメットのライダー達の入賞を見るに
KYTの品質の確かさは、世界中の多くのプロのレーサーを通じて証明されている

https://aseanrecords.world/kyt-indonesia-the-largest-helmet-brand-in-southeast-asia/

 

 

日本においても、2015年にSG認証工場としてインドネシア初の承認を受け、日本の安全基準に合うように、材質の変更や強度アップ、細かい形状のディテール変更等をおこなっているとのこと。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりするこんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃんとした内容が設定...

 

 

ヘルメットの紹介

ここからはKYTのヘルメットを個別に紹介していく

 

NX RACE(エヌエックスレース)

※SUOMY共同開発モデル

KYTが誇る本格スポーツのフラッグシップモデルフルフェイス

広い視野が確保された快適性と、SUOMY譲りの最高の空力性能を発揮できるデザイン

TRIファイバーコンポジット製、つまり3軸複合材(カーボン、ケブラー、グラスファイバー)で製造されたシェルはクラッシュに対する高い耐性を備えている。

そして非常に軽いヘルメットであり、重量はなんと1350±50g
軽さにおいての王者SHOEIZ-7(Mサイズ 1,358g)に引けを取らない重量となっている。

 

 

 

TT Course(ティーティーコース)

※SUOMY共同開発モデル

 

スポーツツーリングのスタンダードモデル

機能としては、実にシンプル、ゆえに価格が安い。

こちらもSUOMY譲りの最高の空力性能を発揮できるデザインが光っている。

重量は1450±50gと普通。

全体的に少し高めの値段設定であるKYTの中ではお求めやすい価格のエントリーモデルといえるだろう。

 

 

SKYHAWK(スカイホーク)

※SUOMY共同開発モデル

KYT の中でも最高峰のオフロードヘルメット「スカイホーク

NX RACEと同様のTRIファイバーコンポジット製(カーボン、ケブラー、グラスファイバー)で製造されたシェルであり、激しいオフロードでのクラッシュにも耐えてくれる

そして重量は1100±50gと非常に軽量。

 

 

STRIKE EAGLE(ストライクイーグル)

※SUOMY共同開発モデル

KYT オフロードヘルメットの中でもかなり評判のいい「ストライクイーグル

TRIファイバーコンポジット製(カーボン、ケブラー、グラスファイバー)で製造されたシェルで耐久性と軽さを両立しその重量はなんと999±50g

世界モトクロス選手権チャンピオンなども愛用している。

チャンピオン ロマン・フェーブル

 

 

 

NF-J(エヌエフジェー)

※SUOMY共同開発モデル

KYT ツーリングジェット 「NF-J

インナーサンバイザー装備外側のバイザーも傷に強い素材とコーティングが施されている。

街乗りや遠出のツーリング、タンデム用のセカンドヘルメットにもいいかもしれない。

重量は1450±50g

 

 

終わりに

今回はどんどん世界中で普及しているインドネシアのメーカー「KYT(ケーワイティー)」の紹介でした。

これから日本でもよく見かけるヘルメットになるのでは、と思っている期待のメーカーの一つです。

この話を読んでくれた方、これからは周りのヘルメットに「KYT」の文字が入っていないか少し気にしてみてください。

 

 

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。