まとめ

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、HELD、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】

海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾

ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。
そのうち日本のバイク量販店で並ぶのが楽しみなメーカーも多々あるので読んでみてください。

 

 

 

 

[toc heading_levels=”2,3″]

・MHR(エムエイチアール)

From 中国

1990年創業。1997年にMHRブランドを立ち上げ大幅に生産ラインを強化。2007年に欧州へ進出する際に立ち上げれたオリジナルブランドLS2が大きな反響を呼んだ。

 

 

 

 

 

このLS2のフルフェイスタイプ、なんとMFJ公認のヘルメットなのでレースにて使用することができる。実際にmoto2(4st600ccホンダのワンメイクレース)にて使用されている。

それでいて価格は2万円をきっているのだからコストパフォーマンスに優れていると言えるのではないか。

2018年夏頃にLS2 HELMETSとして名前を一新し、ホームページをガラッと更新。

LS2ホームページ

2018年秋ごろから新しいラインナップを発表していくらしいので期待

 

MHR LS2 BLAST(ブラスト) フルフェイスヘルメット ダイヤモンドレッド L
MHR

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

バイクブロス

楽天市場

 

 

・THH(ティーエイチエイチ)

From 台湾

1974年に台湾にて設立されたTHH。アジア各国にて販売され1987年からは欧米諸国でも販売。

スクーターの聖地 台湾にて培われた経験はAS・DOT・ECE・JS・SG・NBR・SNELL・CE・PSCなど世界各国の安全基準を満たしているとのこと。

いままでは日本の道路を走るために必要なSG認証を取得していなかったが、2016年にTHHジャパンが設立され、SG認証を受け日本にも輸入されている。他の安全規格を取得しているらしいが、THHジャパンを運営している帝都産業が検査費用をケチっているのか否か

オフロードタイプに力を入れているようでそのラインナップも多く安価なためオフロード初心者向けと言える。

だいたい1万5千円代でほとんどのモデルに手が届く。

デザインは派手目のものが多い。

 

アジアンメーカーのヘルメットも作りで多く見られるのがABS樹脂製法(アライやショウエイのヘルメットはFRP)は安価で作りやすく、そこそこ丈夫な素材だが、やはり作りの安っぽさが隠せないのが欠点か。

 

あわせて読みたい
海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の海外ヘルメットメーカーの話も4作目に突入。 今回はオフロードタ...

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

バイクブロス

 

 

 

・MOMO DESIGN HELMET(モモデザインヘルメット)

 

From イタリア

自動車に詳しい方ならここのステアリングホイールは知ってる人も多いはず。オートバイ用のヘルメットも製造している。

 

1964年創業、名前の由来は創業者で4輪レーサーでもあるジャンピエロ・モレッティのモレッティとミラノの街モンツァから。ステアリングホイールの製造から始まり、1981年にMOMO DESIGNが生まれMOMO伝統のデザインを受け継いだ製品を送り出している。

 

 

MOMOのヘルメットの特徴としてこの見た目。

 

パイロットのような見た目、同じイタリアのメーカーROOFと似ているような気が。イタリアのデザインはこういう系統が多い気が。

あわせて読みたい
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma hel...

 

created by Rinker
MOMO
¥15,861
(2020/09/23 18:27:57時点 Amazon調べ-詳細)

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

 

 

・IXS(イクス)

 

From スイス

1979年スイスのビックカンパニー ホステットラーグループの中でオートバイウェアブランドとしてIXSが設立。モトクロスやレースシーンにも積極的にスポンサードしており、スイスのオートバイウェアトップブランドな存在。

ヘルメット、プロテクター、ウェア、グローブ、ブーツやニースライダーまでオートバイ用のアイテムを網羅している。

ちなみにIXSのバックグラウンドであるホステットラーグループはスイスにてYAMAHAの輸入代理を行っている。

 

 

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

 

 

 

 

 

・HELD(ヘルド)

 

 

Fromドイツ

1946年設立。皮手袋や作業用手袋の会社が始まり。1970年頃からモーターサイクル用のグローブに参入し、1991年からウェアやヘルメット等のオートバイ衣類の製造に着手し、その後ヨーロッパではベストブランドに選ばれている

 

Amazon等で購入することが出来るが、やはりジャーマン、価格が相変わらず強気。三万円程度のもあるが10万超えもちらほら。

 

 

フルフェイス・ジェット・オフロードとラインナップは定番なものもあるが

 

このアドベンチャータイプのシステムタイプは斬新。アドベンチャーにぴったりはまりそう。

 

2018年からは同じドイツのヘルメットメーカー、SCHUBERTHと提携して新しいラインナップを発表していく模様。

 

あわせて読みたい
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma hel...

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

MOTRAD

 

 

 

 

・CMS(シーエムエス)

 

From ポルトガル

 

1988年設立。ポルトガルとバイク、あまり結びつかないイメージであるがAJPというポルトガルのオフロードバイクメーカーも存在する。

そんなポルトガルのヘルメットメーカー、ラインナップも本格的でジェット、ハーフ、オフロード、そしてフルフェイスにはツーリング・スポーツ・スーパースポーツ乗る車種に分けて細かく設定されている。

スーパースポーツシリーズの中でもGTRSカーボンヘルメット1321g(XLサイズ)とかなりの軽量。ちなみにSHOEIの軽量フルフェイスZ-71385g(Lサイズ)

 

 

 

 

 

・NEXX(ネックス)

From ポルトガル

続いてもポルトガルメーカー。

2001年に設立。全ての製品をポルトガルにある自社工場で生産しているこだわり。

安定した品質と新商品をどんどん開発していく姿勢が評価され競合他社ひしめくヨーロッパで人気を獲得し2000年代に誕生した若手のメーカーだが既に中堅クラスのブランドを獲得してる模様。

 

レース前提としている本格的なモデルからロボットファンの心を鷲掴みそうなモデルまで。

 

フルメ〇ルパニック?。

 

ヨーロッパでの人気と販売範囲拡大に伴い日本に正規輸入される日も近いのではないだろうか。

Nexx ネックス SX60 Cruise jet Helmet ジェットヘルメット ブラウン/ブラック XL(61~62cm)
Nexx

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon

楽天市場

MOTRAD

 

 

 

 

・GIVI(ジビ)

 

From イタリア

 

1978年、Giuseppe Visenzi氏によって創立。motoGPライダーだった彼は引退後にエンジンガード作りきっかけにGIVIを立ち上げる。GIVIのリアボックスはたちまち評判となり、今ではリアボックスといえばGIVIと言われるほどに。ヘルメットを作っているのが意外に感じる方も多いだろうが、2000年頃から販売されている。

こんな変わり種も。アゴとバイザーが取り外し可能なためジェットにもオフロードにもフルフェイスにもなる。

値段は約3万円程度。

 

ボックスからヘルメット、ウェアをGIVIで固めたライダーがいたら面白いのでは。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥3,236
(2020/09/23 14:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon 

楽天市場

(ヘルメットが取り扱ってないのでボックスのページにリンクしてます)

 

 

 

 

・OSBE(オスベー)

 

From イタリー

1976年創業。イタリアの警察、軍隊、消防署、地方治安部隊のための通信機器の供給元としてスタート。その後ヘルメットの通信機器を作るようになりヘルメットの経験を積んでからいよいよ自社でのヘルメット製造を開始する。

もともと軍隊と関係深い仕事してたとあってかこんなヘルメットが少し話題に

 

 

TORNADO(トルネード)というヘルメット。まさにパイロットマスク

もともとGPAというフランスのメーカーが販売していたが、いまはOSBEが引き継ぐ形になっているとか。

OPEN FACE SCOOTER HELMET OSBE GPA AIRCRAFT TORNADO ORANGE ARMY M MEDIUM 57-58 cm + MASK
GPA

OPEN FACE MOTORCYCLE SCOOTER HELMET OSBE GPA AIRCRAFT TORNADO MATT BLACK L LARGE 59-60 cm + MASK
GPA

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon 

楽天市場

 

 

・Caberg(カバーグ)

From イタリー

1974年設立。初めからヘルメット製造を行ってきた。イタリア北部ベルガモにて設立されたことからイタリア語でCaschi di Bergamo(ベルガモのヘルメット)の頭文字をとってCABERGと名付けられた。

1992年にイタリアでは初となるフリップアップ(システムタイプ)ヘルメットを開発したパイオニア。

 

たくさんのラインナップの中でもひときわ目を引くのが2017年に発売されたGHOSTシリーズ。

 

 

 

インパクト大のこの見た目。

海の向こうではこういうタイプが流行っているらしい。

 

あわせて読みたい
アメリカンバイクでも似合うフルフェイスの話【ジェット以外、変わったヘルメット、カフェレーサー、クラシック】 今回はアメリカンバイクやクラシック、カフェレーサータイプのバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプにフォーカスした話...

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon 

楽天市場

MOTRAD

 

 

 

 

 

・Hebo(エボ)

 

From スペイン

1993年設立。比較的新しく設立されたスペインのメーカーだが、トライアルやエンデューロに精通してる人々ならおそらくご存じのオフロード特化メーカー

 

はなかなかお目にかかれないトライアルヘルメットのラインナップが非常に充実。

 

ホンダレプソルカラーのトライアルヘルメットも。

 

ラインナップと購入出来るサイト

楽天市場

MOTRAD

 

 

 

 

 

・Airoh(アイロー)

From イタリー

1986年ヘルメット製造の請負業者として設立。1997年にその技術力を生かしてAirohとして立ち上げられる。

歴史は浅いものの数々のレースシーンに非常に協力的でアイローヘルメットを着用しているレーサーも多い。

オンロードにもオフロードにも積極的でトライアルヘルメットもラインナップにある数少ないメーカー。

 

 

このメーカーにもパイロットマスク風のタイプが存在する。

イタリアではこのタイプが人気なのか。

Airoh アイロー Twist TC 16 Motocross Helmet 2018モデル オフロードヘルメット ブラック/イエロー/ブルー L(59~60cm)
Airoh

Airoh アイロー Executive Motorcycle Helmet 2017モデル ヘルメット マットブラック XS(53~54cm)
Airoh

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon 

楽天市場

MOTRAD

 

 

・AXO(アクソー)

From イタリア

1978年設立。名前はイタリア語で勝者を表す「asso」が由来。最初に作った製品がMXブーツだったことから「asso」のssをxに変え「axo」に。

最初の製品がオフロード向けのブーツだったこともあり、オフロード分野の製品ラインナップが充実。

幅広いアイテムを揃ており、ウェア関連のものからカジュアルファッション、レース用の革ツナギまで。

 

 

 

日本では馴染みのないメーカーだが日本人なら誰もが知っているあのキャラクターとコラボしている。

 

 

なんとあの大泥棒ルパン三世

主人公ルパンは一種類不二子は二種類のラインナップされてるあたりがなんともイタリー。

 

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon 

楽天市場

 

 

 

 

 

・PREMIER(プレミア)

From イタリア

1956年設立。当初は米国のカリフォルニア州で設立されたメイドインアメリカン

1986年にイタリアへ移住。

使い勝手と安全性が評価されフランスの郵便配達員のヘルメット、消防団のヘルメットに採用されている。

 

数々の偉大なライダー達の愛用されそのなかにはあのフランコ・ウンチーニも。

カーボンチタンを贅沢に使ったモデルも多数販売している。言うなれば高級ヘルメットメーカー

最近ではKTMのサポートも受けている。

ビンテージ色が強いヘルメットのラインナップも充実していて

特にこのヘルメット。

汚れているのではなく最初からこういうカラーリング。

 

created by Rinker
Premier Helmets
¥45,900
(2020/09/23 18:28:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

ラインナップと購入出来るサイト

Amazon 

楽天市場

MOTRAD

 

 

 

・まとめ

 

海の向こう側のメーカー紹介も今回でひとまず終わろう思います。

こんなに長くなると思いもしなかったのですが、世界のヘルメット事情はまだまだ複雑。

 

新しいメーカーもどんどんできているのでその都度紹介していこうと思っています。

 

それはまた別の話で。

あわせて読みたい
海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の海外ヘルメットメーカーの話も4作目に突入。 今回はオフロードタ...