ヘルメットハッカー中の人
その他の話

バイクと筋肉の話【ツーリングで疲れない、速く走らせる筋肉、必要な筋肉、GPライダー筋トレ】

 

今回の話はすこし変わり種。

最近のフィットネスブームに乗っかり、筋肉の話をしようかと。

健康目的やかっこいい身体作りのためだけではなく、バイク乗りにも関係がおおありな筋肉の話。よろしければ最後まで読んでみてください。

 

 

バイク乗りが鍛えるメリット

 

  1. ツーリングで疲れにくくなる
  2. 立ちごけしにくくなる&しても起こすのが楽になる
  3. 加減速に耐えれる上半身とバランスを保つための下半身
  4. 見た目がかっこよくなる

 

が挙げられるかと。

④以外を一つずつ説明していく。

また具体的な鍛え方はその下で詳しく説明する。

 

①ツーリングで疲れにくくなる

ツーリングは楽しい、けれど疲れとは切っても切れない間柄。

ツーリングで疲れなくするのは不可能に近い。しかし他の人よりも疲れにくくなったり翌日以降に疲れを残さないよう予防することは可能である

ツーリングで疲れてくると姿勢を維持できなくなり腕で体を支えるようになってしまう。腕に力が入るということは握力がなくなり、肩にも力が入っているということ。それがきっかけで肩がこってきたり、ヘルメットの重さも相まって首に負担がかかる。それが疲れている体に追い打ちをかけることになる。ツーリングから帰ると肩が凝っていたり疲れている方は下半身が上手く使えておらず腕に力がはいった運転をしてしまっている可能性が高い

ならば原因である腕に力が入ることを阻止しなければならない。特にスーパースポーツ系のバイクは前傾がきついので腕に力が入ってしまいがち

 

 

 

解決法

  • 下半身の強化(ニーグリップやヒールグリップ)による下半身の安定
  • 腹筋+背筋を鍛えて上半身の姿勢の安定
  • 基礎体力の強化

体力をつけて腕に力が入ってしまうのを予防、またライディング時の姿勢を安定させることで腕に力が入ることを予防することが出来る。

 

 

 

②立ちごけしにくくなる&しても起こすのが楽になる

愛車が倒れる瞬間。すべてがスローモーションになり、愛車が傷つくことと自身の情けなさでその日の夜はきっと寝れない程のショック(新車ならなおさら)を受けてしまう立ちごけ。出来ることなら立ちごけしないのが一番だが倒れてしまったものはしょうがないのでそのあとはしっかりと愛車を起してあげること大事。

バイクの引き起こしは筋力に頼るとこではなくちゃんとした知識とコツをつかめているかが大事なのだがそこに筋力があればもっとスムーズに早く引き起こせるので鍛えておいて損はない。

 

解決法

  • 下半身の強化(踏ん張る力と立ち上がる力)
  • バランス力の強化

踏ん張る力+バランス力強化で立ちごけの防止。立ち上がる力で引き起こしのパワーアップ。

 

ちなみに引き起こしのコツは「上に引き上げるのではなく前に押し上げること

引き起こし」という名前が紛らわしいと思うのだが100㌔をゆうに超えるバイクを引っ張り上げようとするのは無謀。タイヤと地面の接地部を起点に斜め上に押すイメージだと上手くいく

https://bikelabo.com/hikiokoshi引用

 

動画のネタバレしてしまうとこんな小柄な女の子でも200キロを超えるCB400SFを引き起こせる。

 

 

③加減速に耐えれる上半身とバランスを保つための下半身

バイクの加速時は体が後ろに置いて行かれないように前傾を腹筋と背筋、下半身で維持。

減速時はハンドルに押し付けられないように胸筋と背筋、下半身で身体を起こしあえて風の抵抗を受けることで少しでも減速するように。

コーナーでの体の向き変えをスムーズに行うために下半身でバイクをホールドし腰を浮かせ方向転換を素早く行う。

読んでいて気が付いたと思うがこれはレーサー達がレース走行に行うテクニック。凄まじいスピードの世界でかかるに耐えるための筋肉が必要となってくる。

走行会やレースでタイムが伸び悩んでいる方は実践してみることをお勧め。

トップライダー マルケスも見事な肉体美

 

 

 

解決法

  • 下半身の強化(バイクのホールド、腰を浮かせるため)
  • バランス力の強化
  • 胸筋+背筋の強化(減速に耐えるため)
  • 腹筋+背筋の強化(加速に耐えるため)

ほぼ全身の筋力強化が必要になってくる。

 

 

 

 

具体的な鍛え方

 

・体力強化=ランニング・走り込み・水泳・自転車での長距離走行・食事・睡眠

 

有酸素運動は心肺機能の強化が目的。食事はジャンクな食べ物ばかりではなく栄養素がしっかりとした食事。ニンニクを食べるのも本当に元気が付くので試してみてほしい。

睡眠不足は一番の大敵

結局、適度な運動と栄養のある食事、しっかりとした睡眠。きちんとした生活が体力作りに一番かもしれない。体力不足を体感している方は自身の生活習慣を見直してみてほしい

 

created by Rinker
健康家族
¥1,382
(2019/10/22 14:08:12時点 Amazon調べ-詳細)

ツーリング中に干し芋を食べるのもおすすめ。眠くなりにくくエネルギーになってくれる。持ち運びも〇

 

・下半身の強化=自転車・スクワット・階段の昇り降り

 

自転車は下半身の持久力アップに。階段の昇り降りは下半身の筋力に自信のない方やなかなか筋トレに時間が取れない方は通勤の際エスカレーター使わずあえて階段で移動してみるといいかと

一番のおすすめは下半身の筋トレの王道スクワット。正しいやり方は動画を参照に。

スクワット器具を使って日々の生活に取り入れるのもあり

スクワットではないがこれも強烈に効いた。次の日は階段使えないほどに

created by Rinker
Balance 1
¥6,800
(2019/10/22 14:08:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

・腹筋の強化=腹筋ローラー

 

腹筋ローラーがあれば他の腹筋運動はいらないのでは。つま先立ちはほとんどの方は出来ないのと(出来たらすごい)怪我をするので膝コロから。膝コロでも十分効きます

値段が安いのと似たような商品がたくさん出ているので気になったのを試しに購入してみては。膝が痛くなるので膝マットが付属しているのがおススメ

 

 

・胸筋の強化=腕立て伏せ

 

これも鉄板の筋トレ種目。

意外とキチンと胸に効かせる腕立てが出来ていない方が多いので正しいやり方で試してほしい。

普通の腕立て伏せじゃ物足りなくなったらプッシュアップバーを使って負荷を高めるのが効果的。高いものでもないが本を重ねたもので代用出来たりもする。効果を感じることが出来たら買ってみるのもよし。

E-PRANCE プッシュアップバー 腕立て伏せ 器具 トレーニング 筋力アップ 筋トレ 肉体改造
E-PRANCE

 

・背筋の強化=懸垂・ヒップリフト・チューブトレーニング

 

懸垂といえば誰もが知っている筋トレの種目。腕の筋トレと勘違いしている方もいるが立派な背中のトレーニング。家で出来る環境が整っている方は少ないと思うのでジムや公園にいき行うか、家のドアに付けるアイテムもある。

スペースがあるならぶら下がり健康器という選択肢も

 

ヒップリフトは背中の低い位置、つまり腰周りやお尻の筋トレ種目。自重で簡単に行うことが出来るので習慣化したい一つ。

引く動作が背中の筋トレになるのでチューブを使ったトレーニングも有効。様々なトレーニングが出来るチューブは一個家にあってもいい。

 

・バランス力の強化=体幹トレーニング・バランスボール

 

アスリートならほとんどの方が行っている体幹トレーニング。普段の姿勢にも関わってくるので鍛えておいて損はしない。

一時期流行ったバランスボールだがバランスを鍛えるならやっぱり効果的。

created by Rinker
Trideer
¥1,780
(2019/10/22 14:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

世界で戦うトップライダーの筋トレの一例として、SBKにドゥカティ・アルテアチームから参戦しイタリア選手権で2回タイトルを取ったマッテオ・バイオッコ選手のトレーニング風景。物凄くハードのトレーニングメニューをこなす。

 

まとめ

 

余談ですが自分も3年前から筋トレをするようになりました。ダイエットもかねて。知り合いのCBR1000RRに乗らせてもらった時にタンクとジーパンのベルトの間にぽっこりお腹が挟まり激痛。瘦せようと決意した瞬間になり、筋トレをはじました。

バイクに乗るからにはカッコイイライダーでいたいと思ったのもありますね。

これから寒くなりますがぽっこりお腹を成長させないように気を付けてバイクライフします。

 

 

それではまた別の話で。