ヘルメットハッカー中の人
おすすめ、人気のヘルメット

アメリカンバイクに似合うおすすめのヘルメットの話【ハーレー、ジャメリカン、クラシック】

サムネイル画像の二人がヘルメットかぶってない

 

 

今回はアメリカンバイクに乗っている方におすすめのヘルメットの紹介。

安全性の観点からハーフタイプのヘルメットは除外してます。装飾用なんて論外。

あわせて読みたい
アメリカンバイクでも似合うフルフェイスの話【ジェット以外、変わったヘルメット、カフェレーサー、クラシック】 今回はアメリカンバイクやクラシック、カフェレーサータイプのバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプにフォーカスした話...
あわせて読みたい
【SHOEI新作】クラシックなオフロードヘルメットの話【EX-ZERO】今回はショウエイの新作、EX-ZERO(イーエックスゼロ)の簡単な紹介。 ヨーロッパではすでに発売され、日本での発売をまっていた方...

SHOEI  J・O

・ジェットタイプ

・2016年4月発売

引用元:http://jp.shoei.com/products/ja/special/jo/

 

 

「ENJ・OY THE RIDE !」

 

クラシックなジェットタイプのJ・O。通勤ちょっとそこまでの足車からアメリカン・クラシック・ネオクラシックに乗っている方におすすめのヘルメット。

最大の特徴はは内臓されたハーフタイプのシールド。通常のクラシックジェットだとシールドを付けることが出来るが、帽体に付いているボタンに留めることになるため隙間からの風が気になったり外れてしまう可能性もある。

J・Oのシールドはメガネやサングラスをしたままでも干渉することなく使用できる上に巻き込み風を最小限まで抑えた作り。

またシールドがおりてくる位置を三段階で微調整できるのもショウエイの懐の広さ。

 

ジェットタイプの強みである軽さもしっかり掴んでおり1099g(Lサイズ)。帽体の大きさも一般的なジェットとそう変わらないのでシルエット的にも良し。

 

デメリットとしてはやはりシールドの範囲が目の部分だけなので顔面目掛けて飛んでくる虫や小石等は容赦なく鼻や口、頬を襲う点。価格も3万円程度なのでジェットタイプにしては少しお高く感じてしまうがそこはショウエイ製のヘルメットだと思えば妥協点。

 

  • クラシックジェットタイプだが格納型のシールド機能搭載
  • 軽さ・コンパクトの両立でファッション性高い
  • サングラスやメガネをしてても使えるシールド
  • シールドの機能性が高く巻き込み風も少ない

 

シールドはクリアーだけでなくイエロー、ダークスモーク、ミラーゴールドが別売りで販売されている。日光の眩しさを軽減でき、夜間もそれほど暗く見えないイエローがおすすめ。画像の美人さんもイエロー着用。

 

created by Rinker
ショウエイ(Shoei)
¥5,660
(2019/12/06 12:34:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

あわせて読みたい
SHOEI-ショウエイ-のおすすめのヘルメットの話【世界で認定、アライより安全?、トップシェア】 今回はSHOEI-ショウエイ-の個人的におすすめのヘルメットを紹介。 アライと並び日本のトップヘルメットメーカーとして君臨...

 

 

Arai(アライ)  CLASSIC MOD(クラシック モッド)

・ジェットタイプ

・2015年3月

アライのクラシックジェット CLASSIC MOD

抗菌・消臭・防汚機能を持つ人気のエコピュアー内装を装備。アライのヘルメットということでもちろんSNELL(スネル)規格取得かとおもいきやJIS規格のみ。スネル規格並みのテストはクリアしているらしいので安全性は問題ないだろう。アライのラインナップの中でもスネル規格を取得してない珍しいモデル

純正ではシールド類が一切ないので別途用意する必要がある。

created by Rinker
アライ(Arai)
¥5,339
(2019/12/05 19:58:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

好みにもよるがカッコ良く決めるならゴーグルもおすすめ

英国空軍御用達のハルシオンのゴーグル。値段は高いが本革仕様でかっこいい。

 

あわせて読みたい
Arai-アライのおすすめのヘルメットの話【安全、躱す、アライ規格】 今回の話は日本トップヘルメットメーカーアライのヘルメットの中でも個人的におすすめしたいヘルメットを厳選。 ヘルメット選びに...

 

 

 

BELL(ベル)  500-TXJ

・ジェットタイプ

・2015年7月発売

アメリカの老舗ヘルメットメーカー BELL。創業当時から作っていた500-TXをリメイクしたのがこの500-TXJ

ベースとなった500-TXの話を少しだけ

創業当時のBELLは自動車のパーツメーカー。その中にヘルメット部門がある形だったのだが第一作の目の「500」が予想以上にヒット。その成果のおかげで『ベル ヘルメット』として独立した会社に。その後レース用のヘルメットとして作られたのが500-TX。この500-TXはスネル規格を初めてクリアしたレース用のヘルメットとなる。またその美しいシルエットは高く評価されニューヨークの近代美術館に1962年に展示されるほど。

 

そんな500-TXのリメイク500-TXJ。500-TXそのままの設計だと現代の安全基準はクリア出来ない。当時のシルエットをなるべく変えずに現代の安全基準を通すため、ぎりぎりの大きさをキープしたまま衝撃テストに耐えうる構造になっている。

そのおかげでかぶってもしっかり奥まで頭をつつみこみ、頬にもぴったりフィット。頭でっかちにならずシルエットもかっこよく仕上がる

安全基準もPSCだけでなくSGまで取得している。

あわせて読みたい
ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】 今回はオートバイ用のヘルメットに付いている こんなマーク達の話。 このマークは安全規...

 

ヘルメットにこだわる方ならぜひともおすすめしたいヘルメットが500-TXJ

2018年9月現在500-TXJが入手困難です。BELL新作 カスタム500が500シリーズの最新作の模様。DOTとECE取得しているので安全性は文句なし。内装がすこし厚くなっているのが気になる、、、

 

世界最速のインディアンの主役バート・マンローもBELLヘルメット500-TX

ゴーグルで渋くきまっている。

 

あわせて読みたい
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 海外のメーカーだけでもかなりの数があるのでシリーズ物になりました。 こんかいは第一...

 

 

 

PREMIER(プレミア)  Vangarde

・ジェットタイプ

・2017年発売

イタリアの高級ヘルメットメーカー PREMIER(プレミア)のジェットタイプヘルメット Vangarde(おそらくヴァンギャルド)。

見ての通りインナーサンバイザー装備なうえにシールドが標準装備。

意外とありそうでなかったこの形。重量は1150g程度とそこまで重くもない。

日本では浸透していないメーカーなので他人とほとんど被ることはないだろうがAmazonにはかなりラインナップが充実しているので興味があるなら見てみるのもいいかもしれない。

 

 

あわせて読みたい
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、HELD、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...

 

まとめ

 

今回はアメリカンバイクに似合うヘルメットの紹介でした。

アメリカンとなるとやっぱり一番似合うのはクラシックタイプのジェットヘルメット。

オープンフェイスなヘルメットなのでシールドがないモデルを選ぶときは顔面の保護を第一に考えてほしい。

KKmoon バイクオートバイフェイスマスク 取り外し可能 モトクロスアイウェア ゴーグルヘルメットビンテージメガネ
OWSOO

こんなのもありかも。

 

 

それではまた別の話で。