ヘルメットハッカー中の人
ヘルメット

【レジェンド御用達?】AGVのヘルメットの話【ロッシ、イタリア】

 

今回はあのレジェンド達が愛用したイタリアのメーカーAGVの話。

motoGPライダー バレンティーノ・ロッシが使用していることで知っている方もおおいのでは。

 

 

あわせて読みたい
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 海外のメーカーだけでもかなりの数があるのでシリーズ物になりました。 こんかいは第一...
あわせて読みたい
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】オートバイ用のヘルメットを作っているメーカーは数多く。今回は国内のメーカーの紹介。特徴や強みを雑談交えて話していきます。 ...
あわせて読みたい
【派手なグラフィック】ICONのヘルメットの話【アメリカ№1?、ストリート】 今回はド派手なグラフィックでおなじみのメーカーICONの話。 made in U・S・A のICON。 2019年1...

 

AGVについて

 

1947年創業。レザーの座席やバイクのサドル製造から始まり、翌年1948年からヘルメットの製造に着手。

創業者の Gino Amisano(ジノ・アミザーノ)と彼がいた土地名 Valenza(ヴァレンツァ)の頭文字からA.G.Vと名付けられた。

イタリアのレースで初めて使用されたフルフェイスヘルメットAGV製のヘルメット。レジェンド・ライダー ジャコモ・アゴスティーニが使用し、当時の彼のヘルメットを正面から見た形が現在のロゴになっている。

ジャコモ・アゴスチーニ、ケニー・ロバーツ、バリー・シーン等の偉大なライダー達が使用した。

日本でもファンの多いバレンティーノ・ロッシも愛用しており、彼のレプリカモデルのラインナップも多い

意外と知られていないのがF1で使用するヘルメットも作っていたこと。ニキ・ラウダエマーソン・フィッティパルディネルソン・ピケ等のF1レーサーが使用した。

2007年にダイネーゼAGVを買収し子会社となった。

日本へはダイネーゼ・ジャパンが正規輸入を行っており、ダイネーゼ・ジャパンをが輸入したヘルメットはアジアフィット(日本人向けの内装)、SGMFJ公認などの規格が取得されている。

あわせて読みたい
ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】 今回はオートバイ用のヘルメットに付いている こんなマーク達の話。 このマークは安全規...

 

 

PISTA-GPR(ピスタジーピーアール)

・フルフェイスタイプ

・2017年4月発売

AGV渾身のフラッグシップモデルPISTA-GP R

http://www.d-storefukuoka.com/archives/14960/
http://www.d-storefukuoka.com/archives/14960/
http://www.d-storefukuoka.com/archives/14960/

 

カーボンを贅沢に使って作られており、重さは1350g(Sサイズ)

まさにmotoGPで使用出来るヘルメットがそのまま市販されたようなスペックを誇るPISTA-GP R。

お値段もフラッグシップなので取扱いには注意

 

 

 

CORSA-R(コルサアール)

・フルフェイスタイプ

・2017年4月

http://www.d-storefukuoka.com/archives/14960/

PISTAがレース使用前提のフラッグシップモデルとしたらCORSAオンロードのフラッグシップモデル

MFJ公認は取得しているためレースでの使用も可能。というかコルサでも十二分に活躍してくれるスペックを持っている

カーボンが全体の約50%程度使われた帽体のために軽量の1350g(Mサイズ)

PISTAよりもお求めやすい価格だが国産に比べるとべらぼうに高い

 

 

K-5 S(ケーファイブエス)

・フルフェイスタイプ

AGVのエントリーモデル KシリーズハイエンドモデルがK-5S

インナーサンバイザーが装備されておりだいぶツーリング向けになっている。

MFJ公認ではないのでツーリング使用が前提。

ダイネーゼジャパン輸入の日本仕様にだけピンロックシステムが標準装備

カーボンが織り込まれた帽体でこちらも非常に軽い1390g(Mサイズ)

インナーサンバイザー装備でこの重量はさすが。

エントリーモデルと言っているがまだまだ値段がエントリーじゃないのが問題

 

 

K-3 SV(ケースリーエスブイ)

・フルフェイスタイプ

AGVのエントリークラスKシリーズミドルクラス

K-5Sよりも安くコストパフォーマンスが高いと評判。

カーボンは使用されていないため重量は1520g(Mサイズ)と少し重め

しかし性能はK-5Sとほぼ同等

値段はだいぶ安くなり現実的な値段に近づいてきた。

 

 

 

K-1(ケーワン)

・フルフェイスタイプ

AGVのヘルメットの中で最もエントリーなモデル K-1

インナーサンバイザーは装備されておらず必要最低限の機能が備わっている。

その分値段もかなり手頃グラフィックモデルのラインナップも多くロッシレプリカももちろん揃っている

 

 

 

SPORTMODULAR(スポーツモジュラー)

・システムタイプ

・2018年3月発売

あわせて読みたい
ツーリングメインな方におすすめのヘルメットの話【快適性、長距離ロングツーリング、北海道、日本一周】 今回はツーリングによく行く、ツーリングメインでバイクに乗っている、バイクに乗るならツーリングする時だろ!っという方達におすすめの...

こちらの話でも紹介したAGV唯一のシステムタイプヘルメット。

このスポーツモジュラーの一番の特徴はフルカーボンファイバーで作られているためその重さ脅威の1280g(Lサイズ)。

  • PINロックシート標準装備
  • インナーサンバイザー装備
  • 強烈な効き具合のベンチレーション
  • 取外し可能の内装
  • コンパクトかつ驚異の軽さをほこるシステムタイプヘルメット

 

価格はやはりかなり高額。だがPISTACORSAの値段を見てからだと安く感じる。不思議。

 

 

K-5 JET(ケーファイブジェット)

・ジェットタイプ

K-5の性能を持ちながらジェットタイプにしたのがK-5 JET

より快適に、より軽量に特化したモデル。ツーリングがメインの方向け。

 

 

 

 

FLUID(フルーイド)

・ジェットタイプ

街乗りでの用途に特化したのが都市型ジェットタイプフルーイド

インナーサンバイザー装備した街乗りから少し遠出までこなせる。

AGVのなかではかなり安価なのでセカンドヘルメットの選択肢にも最適。

ダイネーゼジャパンではまだ取り扱っていないので内装はアジアンフィットではない。

ワンサイズ上を選ぶのが無難

 

 

 

X3000

・フルフェイスタイプ

70年以上続くAGVの歴史のなかでレジェンドライダー達が使用したデザインをビンテージの形を持ちながらも最新の技術で作られたヘルメットで再現

昔ながらの形を感じつつも他とは違う形で際立つ。

アメリカン・クラシック・ネオクラシックバイクにとても似合うヘルメット。

 

 

あわせて読みたい
アメリカンバイクでも似合うフルフェイスの話【ジェット以外、変わったヘルメット、カフェレーサー、クラシック】 今回はアメリカンバイクやクラシック、カフェレーサータイプのバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプにフォーカスした話...

 

 

X70

・ジェットタイプ

ビンテージジェットタイプのX70。

ファイバーグラスで作られたX70にはストラップの刻印、内装に刺繍で刻まれたAGVのロゴなどプレミアム感たっぷりのアイテム。

 

created by Rinker
エージーブイ(Agv)
¥65,700
(2019/10/22 08:24:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

AX-8

・オフロードタイプ(デュアルパーパスタイプ)

AGVのオフロードヘルメット AX8

軽量で強度が高く本格的なオフロード使用に向いている。

 

 

こちらのAX8。デュアル、ネイキッドと名がついた3タイプが存在する。

こちらがAX8デュアルシールド付のデュアルパーパスタイプ

 

 

AX8ネイキッドバイザーがなくシールド付のオンロード向けのタイプモタードタイプにぴったりなスタイルのヘルメット。

カーボンモデルがあり、1250g(Lサイズ)ととんでもなく軽い。そして意外と安い

AX-8 EVO NAKED CARBON OFF ROAD シールド付 フルフェースヘルメット AX-8 EVO NAKED CARBON MULTI, カラー :FURY カーボン ブラック, サイズ:L (59-60 cm)
エージーブイ(Agv)

 

 

 

終わりに

イタリアの老舗ヘルメットメーカー AGV。

ハイエンドモデルはとんでもなく高いもののお手頃な価格のモデルもあり、憧れのトップライダーと同じグラフィックのヘルメットを被れるのがAGVの魅力でもある。

バイク用品量販店にも置かれていることがあるので機会があれば手に取ってみてほしい。

 

 

それではまた別の話で。

 

あわせて読みたい
【派手なグラフィック】ICONのヘルメットの話【アメリカ№1?、ストリート】 今回はド派手なグラフィックでおなじみのメーカーICONの話。 made in U・S・A のICON。 2019年1...
あわせて読みたい
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 海外のメーカーだけでもかなりの数があるのでシリーズ物になりました。 こんかいは第一...
あわせて読みたい
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】オートバイ用のヘルメットを作っているメーカーは数多く。今回は国内のメーカーの紹介。特徴や強みを雑談交えて話していきます。 ...