まとめ

【OGK KABUTO】オージーケーカブトの話【サイズ、ヘルメット、JIS】

 

今回は国内メーカー№3との呼び声高いOGK KABUTO(オージーケー カブト)の話。

アライショウエイの影に隠れがちなカブトだが品質が良く値段も手ごろコストパフォーマンスに優れるので初めてものヘルメットにはぴったりだと評判のメーカー。

そんなカブトの簡単な説明、そして愛されるマスコットキャラヘルメットラインナップを紹介していきます。

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカー網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
【Arai】アライヘルメットの話【安全、躱す、アライ規格】 今回の話は日本トップヘルメットメーカー「アライ」についての話。 ヘルメット選びに悩んでいる方、メーカー「アライ」をもっと知...
【SHOEI】ショウエイヘルメットの話【世界で認定、アライより安全?、Z-7、Z-8】 「アライ」と並び日本のトップヘルメットメーカーとして君臨する「ショウエイ」。 世界的なシェアで見た場合は「SHOE...
【リード工業】70年以上「ものづくり」をリードするメーカーの話【ヘルメットの老舗】 アライ   :1902年 マルシン工業:1948年 リード工業 :1949年 ショウエイ :1954年  ...

OGK KABUTO オージーケーカブトについて

 

オージーケーカブトについて説明すると

 

  • 国内のヘルメットメーカー。立ち位置としては3
  • アライショウエイに比べ安い
  • JIS規格を取得。モデルによってはMFJ公認のためレース使用も可能
  • 安全性や快適性はアライ、ショウエイに劣らないクオリティ。静音性や内装の質は劣っているとの声がちらほら。
  • 皆に愛されてやまないキャラクター 特別契約社員 Kabutoマン

Kabutoマンは惑星からやってきた謎の超時空少年。
「時空の歪み竜巻」にのって東大阪に舞い降りた。
エアロSLを装着(OGK KABUTOの自転車用ヘルメット)
ヘルメット着用啓蒙活動を担う広報契約社員。

OGK KABUTO公式Twitterより

「Kabutoマン」が着用している「エアロSL

 

 

 

 

ヘルメット紹介

F-17

出典:OGK KABUTO

 

Kabuto独自の最新空力技術を採用した、リアルレーシング・エアロダイナミクスモデルのフルフェイスヘルメット「F-17

こんなキャッチーなフレーズを唄うほどの空力性能には自信がある今作の「F-17」(戦闘機みたいなネーム)

  • ヘルメット上部の気流に影響を与えるクレストスポイラー
  • 気流をコントロールし安定させるウェイクスタビライザー
  • コーナリング中にも風を取り込むサイドベンチレーション
  • シェル内部の空気を放出するトップエアロベンチレーション

MFJ公認なのでもちろんレースにも使用可能

かなりレースに振ったヘルメットなのかと思いきや、「インカム取り付け専用スペース」「眼鏡対応チークパッド」「着脱のしやすさ・かぶり心地を考慮した内装」などツーリング使用にも抜かりない。

安全性能も申し分ないの新しいKABUTOを担う一品となっている。

 

【参考記事】MFJなどの安全規格の詳しい話は下の記事からどうぞ

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...

 

 

RT-33(アールティ-33)

・フルフェイスタイプ

 

「世界で戦える、軽量ハイスペック・スポーツモデル。」

「F-17」が出るまで長い間フラッグシップとなってきたモデルRT-33。

OGK KABUTOの中でJIS・ECE22-05・MFJ公認を取っているのはRT-33のみ。

軽量を謳っているが、重さは1550g(Lサイズ)程度とずば抜けて軽いわけではない。

リアスタビライザーとベンチレーションによる空力性能も抜群。レースシーン高速巡行の際に活躍してくれる。

  • OGK KABUTOのフラッグシップモデル
  • 曇り防止ピンロックシート標準装備
  • 豊富なグラフィックモデルのラインナップ
  • 空力性能の良さと軽さによるライダーの負担の少なさ
  • かぶる人を選ばない豊富なサイズラインナップ
  • レース専用パーツの存在

 

OGK KABUTOの良さとしてサイズが豊富な所が挙げられる。

RT-33のサイズチャートは以下の通りなっている。

XSサイズの下のSMALL、XLサイズの上のBIGまで用意されている。またBIGより大きい方のためにRT-33Xという帽体の大きさが異なるモデルも用意。そちらXXL~XXXLまで用意されている。好きなヘルメットをかぶりたくても自分に合うサイズがない方のためのOGKの心遣いを感じられる。

 

またRT-33にはレース専用パーツが用意されている。

通常のシールドよりも薄く曇りにくいシールドによりクリアな視界が確保できるが、薄く柔らかい素材で出来ているため取扱いに注意

1回でもおとしてしまったら即交換を推奨している。

 

こちらはレンズが二重構造になっており視界はクリアーのまま曇りにくい性能がさらに上がっている。
水滴の侵入を防ぐ構造なのでレインコンディションの中でのレースシーンで活躍する。こちらも取扱いには十分注意

レーシングアンチフォグシールド、レーシングダブルレンズシールドともに使い捨ての剥がせるシールドフィルム リプレイスシールドが取付可能
created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥793
(2022/12/08 17:32:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

どれも安くはないアイテムだが本気でレースに挑みたい方には必要となるパーツ。安価なOGK KABUTOのヘルメットならオプションをつけてもアライやショウエイのフラッグシップヘルメットに比べて安く済むのでやはりKABUTOのヘルメットはコストパフォーマンスに優れる。

 

 

 

AEROBLADE-5 (エアロブレード5)

・フルフェイスタイプ

 

 

「軽量を、快適を、スタイルを掴め。」

 

OGK KABUTOが誇る軽量フルフェイスシリーズ最新作。

好評だったエアロブレード3フルモデルチェンジという意味で4は飛ばし『5』へ。

重量は前作より多少増えたものの、シールドの開く角度の改善、密閉性の向上、空力性能UPなどの進化をしている。

 

  • フルフェイスタイプの軽量モデル最新作
  • 曇り防止ピンロックシート取付可能(別売り
  • ラチェット式のアゴひも
  • スタビライザーによる空力性能の向上
  • 十分な性能のベンチレーション
  • 密閉性の高いシールドと空力性能の高さによる静音性が進化

 

 

「軽いフルフェイス」で忘れてはならないのがSHOEI Z-7

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 PARAMETER(パラメーター) TC-1(RED/BLACK)マットカラー M (頭囲 57cm)
ショウエイ(Shoei)

 

フルフェイス軽量級チャンプSHOEI Z-7に挑む挑戦者 OGK KABUTO AEROBLADE 5 の比較勝負は避けては通れない。

 

前作AEROBLADE 3とZ-7の比較したサイトがあったので気になる方は見てみてほしい。

http://haquality.net/2017/07/21/z7-vs-aeroblade3/

 

OGKの公式では重量は記載されてないがAEROBLADE 5 Lサイズだと1410g程度。

ショウエイ Z-7は公式サイトによると Lサイズ 1385gとなりZ-7の方がやや軽い。

大きさもZ-7の方が少し小さい模様。

静音性やベンチレーションの効き具合は両者とも大差は感じられない。

気になるお値段はやっぱりOGK KABUTO AEROBLADE 5の勝ち。

まとめると

AEROBLADE 5Z-7
重量1410g(Lサイズ)1385g(Lサイズ)
大きさ×
静音性ドロードロー
ベンチレーションドロードロー
ピンロックシート別売り(3000円)標準装備
アゴひもラチェット式Dリング
サイズラインナップ
XS~XXL(6サイズ)XS~XXL(6サイズ)
価格
2万6000円程度3万5000円程度

 

となった。

個人的に大きさが気になるところだが、9000円の価格差は大きい。ピンロックシートを買ったとしても6000円の差がある。軽いフルフェイスが欲しい方はこの価格差をどう考えるかでどっちを選択するか分かれるところになりそう。

 

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥2,624
(2022/12/09 00:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

王者 Z-7 はこちら。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 PARAMETER(パラメーター) TC-1(RED/BLACK)マットカラー M (頭囲 57cm)
ショウエイ(Shoei)

 

【参考記事】「Z-7」のメーカーSHOEIのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【SHOEI】ショウエイヘルメットの話【世界で認定、アライより安全?、Z-7、Z-8】 「アライ」と並び日本のトップヘルメットメーカーとして君臨する「ショウエイ」。 世界的なシェアで見た場合は「SHOE...

 

 

RYUKI(リュウキ)

・システムタイプ

出典:OGK KABUTO

 

UV(紫外線)IR(赤外線)をカットする「UV&IRカットシールド」搭載したシステムヘルメット

前作KAZAMI(カザミ)よりも軽量化を実現していながらも、システムヘルメットとしての快適性は健在。

特徴としては

  • インナーサンバイザー装備
  • UV&IRカットシールド
  • インカム取付を考慮した、専用取付スペース
  • メガネ対応の内装
  • 内装フル脱着可能
  • ラチェット式のアゴひも

 

街乗りからツーリングまで何不自由なくこなしてくれるだろう。

 

【参考記事】街乗りにおすすめのヘルメットの詳しい話は下の記事からどうぞ

【バイク】街乗りメインの方におすすめのヘルメットの話【おすすめ5選】 今回は街乗りメインの方におすすめのヘルメットの話。 バイク通勤・ちょっとした買い物・家と友人、知人、恋人の家の間の移動など...

 

 

EXCEED(エクシード)

・ジェットタイプ

 

出展:OGK KABUTO

 

インナーサンバイザー装備のジェットタイプヘルメット EXCEED

ジェットタイプの基本性能は押さえつつインナーサンバイザーまで付いているのに安い

通勤の際や、街乗り、セカンドバイク用やタンデム用に用意しておくのも悪くない。

 

  • インナーサンバイザー装備
  • COOLMAX®生地の内装で快適
  • ラチェット式アゴひも
  • 内装フル脱着可能
  • ジェットにしては高い静音性

全体的にもスタイリッシュなでコンパクトな帽体は頭でっかちに見えなくて助かる

非常に使い勝手のいいジェットヘルメットと言える。

 

 

 

おまけ:コラボレーションジェットモデル

OGK KABUTOは様々なコラボレーションモデルを発売してきた。ストリートジェットタイプのBOBシリーズがコラボレーションモデルが多い。

残念ながら生産終了になってしまった物が多いので手に入らないモデルがほとんど。

 

ストリートジェット BOB

人気のワンピース」

 

 

 

「チキチキマシン猛レースでおなじみ ケンケン 「シシシシ・・・・」と聞こえてきそう。」

 

 

「ユニバーサルスタジオジャパンでおなじみウッディー・ウッドペッカー」

 

「ルパン三世」

 

「進撃の巨人」

 

 

「新世紀エヴァンゲリオン」

 

ストリートジェット RADIC 

「アメコミヒーロー MARVEL」

 

 

 

システムタイプヘルメットAFFID

「IRON MAN」

左がウォーマシン、右がアイアンマン

 

 

・同じく AFFID 「ワンピース」

 

【参考記事】「スターウォーズ」や「マーベル」とコラボレーションしているHJCコラボの詳しい話は下の記事からどうぞ

【HJC2021年版】HJCのコラボレーションヘルメットの話【評判、MARVEL,STARWARS,PIXAR】 今回の話はHJCのコラボレーションモデルを紹介。 HJCのコラボレーションモデルヘルメットはデザインのクオリティが高いこと...

 

 

OGK KABUTO

アライやショウエイに次ぐ第三の国産ヘルメットメーカー

二社よりも安い価格で高品質で新しいヘルメット作りを怠らないOGK KABUTOはじわじわとアライやショウエイの地位を脅かしている。

安かろう悪かろう、安物買いの銭失いという表現を吹き飛ばしてくれるようなヘルメット作りをこれからも期待。

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

それではまた別の話で。

三大通販サイトのヘルメット売れ筋ランキング

メーカーまとめの話一覧

日本国内のメーカーまとめ
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカー網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
海外のメーカーまとめ1〜5
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その⑤【LS2、TroyLee、Alpinestars、SPEED AND STRENGTH、BEON、GMAX、Klim】 海外のヘルメットメーカーの話も気が付いたら第5弾。 マニアックなメーカーを知っておきたいバイク乗りの方は是非読んでみてくだ...

 

ヘルメットに関する話

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...
【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...
【エアーヘッド】ヘルメットで潰れる髪の話【髪型、アクセサリー】 今回はヘルメットをかぶると髪が潰れてしまう問題の話。 ヘルメットを長時間かぶっていると重さや汗をかいて髪がぺったんこになっ...
【守りを考える】ヘルメットロックの悩みを解消するアイテムの話【タンデム、雨対策】今回はヘルメットロックを快適にするアイテムの話。 ヘルメットロックとは、バイクから降りている間などに、大切なヘルメットをバイクにロ...

 

バイク乗りに読んでほしい話

【バイク✖︎筋肉】ライダーに必要な筋肉の話【GPライダーも筋トレしてる】 今回の話はすこし変わり種。 近年のフィットネスブームに乗っかり、バイク乗りの方にも関係がある筋肉の話をしようかと。 ...
【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
【おすすめムービー】バイク乗りにオススメできる映画5作品【プライムビデオ、hulu、U-NEXT、NETFLIX、dTV】今回はヘルメットの話ではなく、ちょっと枠を飛び出して映画の話。 といってもこのサイトに来てくれてる方に紹介するならバイクと関係なしはい...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...
【バイクも安心】JAFのサービス詳しく解説。の話【任意保険との違い】JAF(ジャフ)という言葉を知っていますか? ほぼ100%の方が知っている言葉だと思います。 ではこの「JAF」は何の略か知って...
【ガチガチ】固着した「ボルト」を外す方法の話【空回り、折れた、ナットも】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ボルトが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車...
【ガチガチ】固着した「ネジ」を外す方法の話【回らない、サビ、潰れた】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ネジが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車の...