まとめ

【保存版】バイク初心者が押さえるべきヘルメットの種類と特徴の話【6種類】

日本の公道をバイクで走る際に必需品となるのがヘルメット
バイク本体の購入にお熱になりヘルメットジェケットなどの装備品について考えることはつい後回しになりがち。

そしていざ装備の購入しようとしてもよく分からない・予算があまりないからという理由でテキトーになってしまっていないだろうか。

しかしよく考えて欲しい。何かあった時自分を助けてくれるのはその大金叩いて買ったバイクだろうか?
それとも予算の関係とちゃんと調べることを怠ったテキトーな装備品だろうか?

装備品の中でも種類が多く、値段もピンキリなのがヘルメット。選択肢が多いとどうしても選ぶのが面倒に感じるかもしれません。が、「法律で決まっているから仕方なく被るモノ」と一言で片付けてしまえるほど単純なものではなく、いいヘルメットはあなたのバイクライフに大きく関わるモノです。

それは自分の身を守ること・走行中の快適性・バイクに乗っている時のカッコ良さ、これら全てにおいてヘルメット重要な役割を担っているから。

今回はヘルメットにどんな種類があってどのような特徴があるのか説明していきます。

  • フルフェイス
  • ジェット
  • ハーフ
  • オフロード
  • システム
  • アドベンチャー

6種類、それぞれ説明していきます。

 

フルフェイスタイプ

f:id:vanken58:20180423122143j:plain引用:SHOEI

 

ザ・王道

安全性   :★★★
快適性   :★★(★★★)
おススメ度 :★★★
()内は走行中の快適性

特別な理由がないのであればとりあえずこれにしておいて間違いない

安全性においては他のどのタイプの中でもピカイチ
オートバイのレースにおいても漏れなく全ライダーが愛用している。
また安全性に関して細かい規格SG・JIS・SNELL等)があるが、その話はこちらから。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...

快適性は★★と表記したが、走行中に限った話であれば★★★で満点。
走行風をヘルメット内部へ送り込めるベンチレーションが付いているものが多く、これを開閉することで夏は涼しく、冬は暖かくが可能。

シールドが曇り視界の妨げになることが良くあるが、近年のモデルでは曇りにくかったり、曇らない機能がついていたり。
ヘルメットメーカーの技術の発展には頭が上がらない。

しかし日本の道路を走るには避けて通れないのが信号待ち渋滞
真夏の渋滞の中、車から噴き出す熱波と上下からの太陽光を浴びながらのフルフェイス着用はさながら我慢大会
また眼鏡を使用している方は、いちいち眼鏡を外さなければ脱着出来ない。

価格においてはメーカーごとでピンキリだが、世界最高峰の安全性能を誇るAraiのフルフェイス、QUANTUM-JだとAmazonなら3万程度

ちなみに
B&B(ビーアンドビー)製のフルフェイスだと3000円

created by Rinker
ビーアンドビー(B&B)
¥4,000
(2022/01/27 00:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

同じフルフェイスヘルメットでも10倍の値段の違い

自分の頭の価値をよく考えてから購入してほしい。

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、KABUTO、WINS、ワイズ、リード、マルシン、ダムトラ、立花】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい外国のメーカーを着用している方も多いですね。 ...

 

 

ジェットタイプ

f:id:vanken58:20180424114241j:plain引用::SHOEI

通勤からツーリングまで快適に。

安全性   :★★
快適性   :★★★(★★)
おススメ度 :★★
()内は走行中の快適性

街中で毎朝お目にかかることが出来る通勤ライダー突撃隊の多くの方が愛用している印象。
安全性に関しては見ての通りあごの部分が露出しているため、事故や転倒した際に運が悪いとあごが道路で大根おろしにされかねない。

 

快適性においては 着脱・飲み物食べ物を食べるとき・視野の広さ 等フルフェイスに比べるとジェットの圧勝
走行中は風の影響をフルフェイスより強く受けること。顔の向きによってはシールドが開いてしまったり、サイズが合っていないと強風でシールドが顔に押し付けられたりする可能性がある。

 

自分は下のようなタイプのジェットを着用してツーリングしてた際、何か物を落とした気がして後ろを振り返った瞬間、風でシールドが全開になりものすごくびっくりした経験がある
。(当時は安物のメーカー不明品を着用してたせいでもある。)
f:id:vanken58:20180424130602j:plain

 

f:id:vanken58:20180424131355j:plain出典:SHOEI J-Force

 

上のSHOEIJ-FORCE4はフルフェイス並みの空力性能と静音性に優れており、密着性が高まったシールドシステムが採用されるなど、フルフェイス同等の走行中の快適性が確保された商品がラインナップされつつある。

 

f:id:vanken58:20180425111616j:plainデビット・ベッカム

 

ハリウッドスターの方々がバイクに乗るときは何故かジェット+サングラスが多い印象

f:id:vanken58:20180425111605j:plain

ファッション性が高く、アメリカン・ネイキッド、今流行りのネオクラシック等の車種と良く合う。

 

 

【厳選5選】アメリカンバイクに似合うおすすめのヘルメットの話【ハーレー、ジャメリカン、クラシック】 今回はアメリカンバイクに乗っている方におすすめのヘルメット5選の紹介。 安全性の観点からハーフタイプのヘルメットは...
【バイク】街乗りメインの方におすすめのヘルメットの話【おすすめ5選】 今回は街乗りメインの方におすすめのヘルメットの話。 バイク通勤・ちょっとした買い物・家と友人、知人、恋人の家の間の移動など...

 

 

ハーフタイプ

f:id:vanken58:20180425112343j:plain

反抗期の象徴

 

安全性   :★
快適性   :★★★(★)
おススメ度 :★
()内は走行中の快適性

 

シルエットから伝わる頭さえ守れればいいと言わんばかりの漢気スタイル
原付でちょっとそこまでユーザーや、暴走族・旧車會の方々には半ヘル・半帽と呼ばれ愛されてやまないアイテム。
f:id:vanken58:20180425113236j:plain

 

ハーレーが愛車のアメリカナイズな方々にも人気
f:id:vanken58:20180425114713j:plain

 

安全面に関しては言うまでもない。
停車してる間は、開放感と軽さで快適。コンビニ休憩などは他のタイプのヘルメットを差し置いていの一番に休憩に入れるアドバンテージを持つが、ひとたび走り出せば風・虫・飛び石・雨粒・排ガス・太陽光をさらけ出されたお顔ひとつで戦い続けなければならない。

 

バイクヘルメット ダブルレンズのハーフヘルメット 換気・日焼け止め・雨防止タイプのハーフヘルメット フリーサイズ(55~60cm) ブラック 男女適用 きれいな貼紙を贈る
LINGDA

GOHAN(ゴハン) ヘルメット バイクヘルメット ハーフ 半帽 スクーター バイク用 オートバイ 原付き 公道 クリアシールド 開閉シールド ゴーグル 軽量 耐久 耐衝撃 吸汗 通気 スポーツ アウトドア パラソル 四季 強化ABS材質 かっこういい クール USブランド 販売授権809 男女兼用 米国DOT認証(XL, ブラック)
GOHAN(ゴハン)

 

バイザー付や、シールドが付いたモデル(もはやパッと見ジェット)もあるので一概にそうは言えないのだろうが、よほどのこだわりかどうしてもハーフじゃないとダメな理由がある とかでないのなら避けるべきタイプ

 

【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...
【フルフェイス限定】アメリカンでも似合うフルフェイスの話【6選】今回はアメリカンバイクに似合うヘルメットをフルフェイスタイプに絞って紹介。 ハーフやジェットもかっこいいですが、風が吹き付ける厳し...

 

オフロードタイプ

f:id:vanken58:20180425124754j:plain

未舗装路特化型スネオヘアー

安全性   :★★★
快適性   :★★(★★)
おススメ度 :★★★
()内は走行中の快適性

他のヘルメットとは一線を画す尖ったシルエット。開拓されていない地に自分で道を切り開く尖った人たちにオススメしたいヘルメット

 

安全性はフルフェイスとほぼ同等。しかしフルフェイスタイプより頭の密着度に欠けるため、強い衝撃だとその分頭へのダメージが増えてしまう。これは口の部分がフルフェイスより大きいスペースがとられているため。

オンロードに比べオフロードを走行するとかなりの体力を消耗し息が上がってしまうことがしばしば
そのため呼吸しやすいよう、そして視界が曇らないようにわざとスペースを作られている。そのため声がフルフェイスより通りやすかったり。

大きく前に張り出したバイザーは直射日光や前を走るバイクが巻き上げた砂利や枝からの視界保護の効果でオフロード走破のサポートしてくれる。

だがしかし、走行中首を上に上げてしまうと風をまともにくらってしまい首を刈られかねない。高速道路を長時間移動するのは少し厳しいかも。

 

シールドがないのはゴーグル使用前提のため。シールドより曇りにくく眩しさも防いでくれる。

しかし、冬場の寒い季節は露出した鼻、スペースがとられ風通りのいい口周りは悲惨な目に合う。
ナンバーも保安部品も付いてないオフ車両を軽トラに積み込みオフロードコースまで優雅に移動するプロオフローダーがバイク乗りの中で一体何割いるのか。コンクリートジャングル東京に住み、オンロードを走り未開拓の地を目指すライダーにとっては大きなデメリットになりかねない。

そこまでガチじゃないよという方はシールドが一体になったモデルいわゆる「アドベンチャータイプ、デュアルパーパス、クロスオーバー等」(呼称がさまざま)タイプが増えてきているのでそちらを選んでほしい。
フルフェイス同等の快適さを味わえる。

created by Rinker
ショウエイ(Shoei)
¥69,800
(2022/01/26 07:49:03時点 Amazon調べ-詳細)

けどやっぱりオフメットはゴーグルがさまになるよね
f:id:vanken58:20180425155343j:plain

 

【FOX HEAD】「FOX-フォックス-」の話【FOX RACING、SHIFT、V1】オフロードを嗜んでいる方はもちろん、オンロードを嗜む方でも「FOX-フォックス-」という名前を知っている方は多いのではないだろうか。 ...
【Airoh】アイローヘルメットの話【安全性、トライアル、評価】 今回はイタリアのヘルメットメーカー「Airoh(アイロー)」の紹介。 歴史的にはまだ24年ほどのメーカーだがデザイン性の高...

 

 

システムタイプ

f:id:vanken58:20180425160109j:plain

快適・デカイ・重い

安全性   :★★★
快適性   :★★★(★★)
おススメ度 :★★
()内は走行中の快適性

開ければジェット、閉めればフルフェイス。まさにいいとこどりのニクいやつ
ヘルメットタイプの中では一番新参物な印象だが意外にも1990年代にはヨーロッパ中心に流行していたらしい。

そんないいとこどりのシステムタイプ。何故おススメ度 ★★なのか。

 

f:id:vanken58:20180427135043p:plain出典:あたしんち

 

一番の理由は大きいからである。
ヘルメットが大きいと頭でっかちに見えてしまいシルエット的に大変よろしくない

 

そしてもう一つの問題点として挙げられるのが、重い
これは走行中の快適性にもかなり関わる要素。

例として SHOEI のヘルメットで比較すると

・フルフェイス: Z-7    1351

・システム: NEOTEC    1702
※どちらもMサイズ

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 マットブラック M (頭囲 57cm)
ショウエイ(Shoei)

 

実に350g(缶ジュース1缶)システムタイプの方が重い。
この重量差が長時間のツーリング等の際にはかなり首に負担をかけてしまう。
ゆえに走行中の快適性 ★★と判断。

 

安全面で一言付け足させてもらうと
国内ヘルメットメーカー  WINSにはこんなページがある。
システムヘルメットをご使用のみなさま|バイクヘルメット|システムヘルメットの【ウインズジャパン】

 

多機能・高性能にはその難しい構造や沢山の部品が必要不可欠。
これが大きさや重さの原因。
そしてチン(顎)ガード部分を開けることが出来るということは自分の意志とは関係なく開いてしまう可能性があるということ。
2018年4月現在の時点では、事故や転倒でチンガードが開いてしまったというケースはないらしい。
しっかりとしたメーカーの製品であれば開いてしまうことはないだろう

しかし定期的にメンテナンスはしてほしい。(他のモデルも同様だが)
システムヘルメットはパーツが多い分時間をかけてメンテナンスすべき。

そしてもし安価な価格のヘルメットを手に取る機会があったら是非触れてみて欲しい。

私は被る気にはならなかった。

 

【CABERG】イタリアのシステムヘルメットパイオニア「カバーグ」の話【GHOST-ゴースト、評価】 今回はイタリアで初めてシステムタイプのヘルメットを開発したパイオニアメーカー「CABERG(カバーグ)」の紹介。 ラインナ...
【快適の極み、ツーリング最強】システムヘルメットの話【安全性、利便性、多機能、サンバイザー】2020年もあと少し。バイク乗りとってすっかり寒さに怯えるオフシーズンになりました。 シーズンとか関係なしのガチ勢の皆さんに今回は便利...

 

 

アドベンチャータイプ

引用:ワイズギア

オンロードもオフロードも

安全性   :★★★
快適性   :★★★(★★)
おススメ度 :★★★
()内は走行中の快適性

林道ツーリングは好きですか?私は大好きです。
首都圏に住んでいると林道までは高速道路に乗って林道に向かう方も多いと思う。

車に積んで行くならいいのですが、オフロードヘルメット+ゴーグル高速道路をずっと行くのははなかなかの苦行
「シールドがあったらいいのになぁ」、、、、そんな想いを実現したのがこの「アドベンチャータイプ」

完全無欠のようにも思えるが、バイザーが風の影響を受けるのが欠点
オフロードでの走行ならば、そんなにスピードは出ないので気にならないのだが高速道路となると流石にきつい。

コインなどで簡単に外せるタイプもあるので収納に余裕があるならバイザーは外してしまっておこう。

created by Rinker
アライ(Arai)
¥54,000
(2022/01/26 07:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ショウエイ(Shoei)
¥150,272
(2022/01/26 15:15:06時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにこのタイプ、
・アドベンチャー
・デュアルパーパス
・デュアルスポーツ
だったりと呼称が安定してない。

【快適オンオフ】シールド付きオフロードヘルメットの話【デュアルスポーツ、アドベンチャー、デュアルパーパス】今回は待望のシールド付きのオフロードヘルメットの話。 「人混みを避ける」世の中にすっかり変わってきた中でツーリングの行き先にも影響が出...
【売れた人気8選】2020年で最も売れたヘルメットの話【OGK,HJC,ICON,AGV,BELL,LS2】新年あけましておめでとうございます。 今回は大手オートバイ通販サイトの「webike(ウェビック)」さんのこの記事 https://...

 

ヘルメットの種類と特徴の話 【まとめ】

長々とここまで読んでいただきありがとうございます。

どんなヘルメットがあって、どんな特徴があるのか、大体分かって頂けたら幸いです。
ここまで読んでくれた方なら分かっているとは思いますが

 

安全は(ある程度)お金で買える

 

のでヘルメットだけはケチらず良いものを愛用していただきたい。

後から後悔しないためにも、そして素敵なバイクライフを送るためにも

 

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

ではまた別の話で。

 

 

 

【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【おすすめムービー】バイク乗りにオススメできる映画5作品【プライムビデオ、hulu、U-NEXT、NETFLIX、dTV】今回はヘルメットの話ではなく、ちょっと枠を飛び出して映画の話。 といってもこのサイトに来てくれてる方に紹介するならバイクと関係なしはい...

三大通販サイトのヘルメット売れ筋ランキング

メーカーまとめの話一覧

日本国内のメーカーまとめ
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、KABUTO、WINS、ワイズ、リード、マルシン、ダムトラ、立花】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
海外のメーカーまとめ
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい外国のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その⑤【LS2、TroyLee、Alpinestars、SPEED AND STRENGTH、BEON、GMAX、Klim】 海外のヘルメットメーカーの話も気が付いたら第5弾。 マニアックなメーカーを知っておきたいバイク乗りの方は是非読んでみてくだ...

 

ヘルメットに関する話

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...
【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...
【エアーヘッド】ヘルメットで潰れる髪の話【髪型、アクセサリー】 今回はヘルメットをかぶると髪が潰れてしまう問題の話。 ヘルメットを長時間かぶっていると重さや汗をかいて髪がぺったんこになっ...
【守りを考える】ヘルメットロックの悩みを解消するアイテムの話【タンデム、雨対策】今回はヘルメットロックを快適にするアイテムの話。 ヘルメットロックとは、バイクから降りている間などに、大切なヘルメットをバイクにロ...

 

バイク乗りに読んでほしい話

【バイク✖︎筋肉】ライダーに必要な筋肉の話【GPライダーも筋トレしてる】 今回の話はすこし変わり種。 近年のフィットネスブームに乗っかり、バイク乗りの方にも関係がある筋肉の話をしようかと。 ...
【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
【おすすめムービー】バイク乗りにオススメできる映画5作品【プライムビデオ、hulu、U-NEXT、NETFLIX、dTV】今回はヘルメットの話ではなく、ちょっと枠を飛び出して映画の話。 といってもこのサイトに来てくれてる方に紹介するならバイクと関係なしはい...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...
【バイクも安心】JAFってどこまでしてくれる?の話【任意保険との違いも】JAF(ジャフ)という言葉を知っていますか? ほぼ100%の方が知っている言葉だと思います。 ではこの「JAF」は何の略か知って...
【ガチガチ】固着した「ボルト」を外す方法の話【空回り、折れた、ナット】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ボルトが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車...
【ガチガチ】固着した「ネジ」を外す方法の話【空回り、サビ、潰れた】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ネジが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車の...