おすすめ、人気のヘルメット

【おすすめ10選】ネオクラシックバイクに合わせるならこのヘルメットの話

ネオクラシック

そんな言葉がバイクの世界では流行っていることを皆さんご存知だろうか。

流行っているというより既に一つのジャンルのように定着している気がする。

バイクの種類に

  • ネイキッド
  • スポーツ
  • アメリカン
  • オフロード
  • ネオクラシック ⇦NEW

と追加されそうな勢いでラインナップも増えているし、販売台数も順調なようだ。

それに伴い、「ネオクラシック」なオートバイにまたがるライダーには「ネオクラシック」なヘルメット必要なのではないだろうか。

そんな悩めるライダー諸君に今回はネオクラシックにぴったりな「かっこいい」ヘルメットを10個紹介させてほしい。

 

 

【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカーほぼ網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...

 

ネオクラシックとは

引用:HONDA

 

 

元々の意味合いとしては1960年・1970年ごろの車・バイクを「クラシック

その1960~1970年代からみて新しいネオ」ということで「ネオクラシック」は1980年代頃のものをと表現していたとのこと。

しかし、今の「ネオクラシック」の意味は少し変化し、「クラシックな見た目」❌「現代の性能」になっている。

見た目はどこか懐かしいものの、エンジン足回り環境性能も現代のもので作られた高性能なものであり、壊れにくい「ネオクラシック」と壊れやすい「クラシック」で明らかな分岐点があるようだ。

各メーカーもネオクラシックなバイクを発売していて販売台数も順調。

例として何台かお見せする。

HONDA(ホンダ):HAWK 11(ホーク イレブン)

引用:HONDA

 

2022年4月に発表された新モデルで1970年代に登場した「HAWK(ホーク)」シリーズの復活モデルと言える。

絶対に人気出るだろ・・・」と思ってしまった。

 

KAWASAKI(カワサキ):Z900RS

引用:KAWASAKI

 

 

YAMAHA(ヤマハ):XSR900

引用:YAMAHA

 

 

SUZUKI(スズキ):GSX1100S KATANA

引用:SUZUKI

 

また4輪界隈でも「ネオクラシック」人気が続いており、ホンダの名車「ビート」の新型「S660」の外見を一気に「ネオクラシック」に出来る「S660 Neo Classic KIT」が発売された。

しかもこれが純正オプションだというから驚き。

 

引用:HONDA (純正のS660)
引用:HONDA (S660 Neo Classic KIT装着車)
引用:HONDA (S660 Neo Classic KIT装着車)

 

 

ネオクラ」などと略されて言われていることも多いのでここヘルメットハッカーでも積極的に「ネオクラ」と表現していきたいと思う。

ネオクラ。

 

 

 

ネオクラシックな「かっこいい」ヘルメット紹介

ここからはそんな「ネオクラ」なバイクに似合うヘルメットを紹介。

 

Arai(アライ):ラパイドネオ

引用:Arai

 

よみがえる、3本スリット

 

スタイリッシュさを持ちながらもアライらしい丸い帽体、そしてラパイドの象徴3本旧作RAPIDE IRスリットを持ったラパイド・ネオ。

RAPIDE IR

 

RAPIDE SR

 

 

アライの衝撃を躱す帽体、VASシールドシステム、プロシェードシステム等アライの最新機能を搭載。ベンチレーションとは無縁のフォルムに見えるが、しっかり考えられたデザインを持っている。

 

グラフィックモデルラインもクラシック色全開のカラーリング。現在は「NUMBER(ナンバー)」、そして「HA(エイチ・エー)」の2シリーズを展開。特にこの「HA」。全米のロードレース選手権であるAMAスーパーバイク選手権でホンダが活躍した1980年代のカラーを再現。ロゴになっているHAという文字はアライの創始者、新井廣武(ARAI HIROTAKE)からきている。

 

クラシックな見た目はネイキッド、アメリカンバイク等相性が良く公式のギャラリーでもモデルが乗るバイクはYAMAHAのXSR900KawasakiのZ900RSカフェハーレーダビッドソンが採用されている。

Arai公式 引用

 

created by Rinker
アライ(Arai)
¥6,900
(2022/09/30 12:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

【2019の夏】国産メーカー新作まとめ の話【GT-AirⅡ,J-CruiseⅡ,RAPIDE-NEO,CLASSIC AIR,KAMUI-Ⅲ】もうすっかりバイク乗りのための季節。 そう、夏が来ました。 今回は国内のメーカー(Arai、SHOEI、OGK KA...

 

 

 

SHOEI (ショウエイ):グラムスター

引用:SHOEI

 

コンセプトはアライのRAPIDE NEO(ラパイド ネオ)同様のネオクラシックフルフェイス。

クラシックを感じさせるロゴ、2本のロアインテーク、シェル自体のデザイン

しかし中身は

  • クリアな視界の新開発CPB-1Vシールド。
  • シールドの不意の開放を防ぐロック機能。
  • 曇り止めピンロックEVOレンズ標準装備。
  • 全て取り外し可能の内装。
  • 緊急用ヘルメット取り外しシステム「E.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)」。

最新技術をこれでもかと盛り込んでいる。

 

ショウエイ (SHOEI) Glamster バサルトグレー S(55cm)
ショウエイ(Shoei)

 

 

【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...

 

 

BELL(ベル): BULLITT

引用:BELL

 

1960年台の初代「STAR(スター)」のデザインを意識しつつ、今風にモディファイさせたモダンクラシックスタイルフルフェイスヘルメットBULLITT(ブリット)」。

ボタンストラップに見えるのはベンチレーションシールドは現代の可動式洗える内装、インカム用のスピーカーポケットと使い勝手はそのままに、スタイルレトロに攻めれる。

Bell Bullitt フルフェイスバイクヘルメット (ボルトグロスブラック/ホワイト、スモール)
BELL

BELL ベル BULLITT CARBON HELMET フルフェイスヘルメット マットカーボン L(59~60cm)
BELL

 

【BELL】アメリカの伝統 ベルヘルメットの話【フルフェイスの原点、ハーレー、評価】MADE IN U.S.A のヘルメットメーカー代表なら「BELL(ベル)」と言っても過言でない。 昔から今でも冷めやらぬ人気のビ...

 

 

LEAD(リード):RX-200R

引用:LEAD

1980年代発売の「RX-200」リバイバルモデル「RX-200R」

当時の雰囲気を大事にしつつ使いやすいシールドに改良、あごひもは脱着しやすいワンタッチバックルにするなど現代を取り入れたまさにネオクラシック

シンプルな見た目ゆえに重量も軽い1400g

購入者には当時のリード工業・JAPANSPEED・DARMAH・MURREY復刻ロゴステッカーがついてくる。

 

 

 

あごひもは当時物を再現したDリング方式。そしてフェイスウィンドウ(顔が出る部分)幅が少し広いのが特徴の「RX-100R」も検討してみてほしい。

 

 

【リード工業】70年以上「ものづくり」をリードするメーカーの話【ヘルメット、】 アライ   :1902年 マルシン工業:1948年 リード工業 :1949年 ショウエイ :1954年  ...

 

 

 

Scorpion(スコーピオン): EXO-HX1

引用:Scorpion

 

変形が可能なストリートファイタールックなフルフェイスヘルメットが「EXO-HX1 」

どんどん増えてきたストリートファイタースタイルのバイクネオクラシックなバイクにも合う。

 

シールドの可動が特殊ネオジウム・マグネティック・フェイスシールド・メカニズムと呼ばれるものを採用。非常に滑らかに動かすことができるが、つけ外しには六角ボルトを外す必要がある。

インカムスピーカー取り付けスペース、スタイルチェンジに必要なピークバイザーもセット。

 

 

 

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...

 

 

Scorpion(スコーピオン): COVERT

引用:Scorpion

スコーピオンを語る上では外せないのが「COVERT」

フルフェイス⇨セミジェット⇨ハーフと変形できる。

このデザインはすでに米国で特許を取得したらしい。

業界最先端のポリカーボネートシェルは、重量を最小限に抑えつつも、衝撃を分散させるように設計。

シールド曇りにくい加工が施されている。

 

ネオクラシックはもちろん、アメリカンやストリートのバイクにマッチングする、まさに「Bad Ass!!」なヘルメット

 

created by Rinker
ScorpionEXO
¥58,381
(2022/09/30 12:01:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【SCORPION EXO】スコーピオンのヘルメットの話【アメリカ、評判、スズキ?、安全性】国内ではあまり見かけることは少ないが、アメリカでは非常に認知度の高いメーカー「SCORPION EXO(スコーピオン)」の紹介。 ...

 

 

 

PREMIER(プレミア): TROPHY(トロフィー)

引用:PREMIER
引用:PREMIER

 

 

ヴィンテージの雰囲気しか感じない見た目のフルフェイスヘルメット「TROPHY(トロフィー)

 

カーボンで作られた帽体に洗える内装

そして簡素な機能ではあるが恩恵とも言える重量はなんと1.220±50g

プレミアの歴史をしっかり感じられる一品

 

 

PREMIER/プレミア TROPHY BTR 8 BM フルフェイス ヘルメット, サイズ : XL
Premier Helmets

Premier プレミア Trophy FL Chromed Helmet 2017モデル ヘルメット シルバー S(55~56cm)
Premier

 

 

【PREMIER】アメリカンビンテージヘルメット 「プレミア」というメーカーの話【クラシック、オールドファッション】今回は1950〜1980年台、アメリカにおいてヘルメット創世記を「BELL (ベル)」や「SIMPSON(シンプソン)」と共に築き、のち...

 

 

 

SIMPSON(シンプソン): M50(モデル50)

引用:SIMPSON

 

1970年代から変わらないビンテージスタイル「M50」。

シールドもない本格的なクラシックスタイル。額の5個のボタンストラップには別売りのバイザーを取り付けてビンテージモトクロススタイルにも出来る。

カラーバリエーション豊富なので愛車服装に合わせて楽しむことが出来る。

SIMPSON(シンプソン) バイクヘルメット フルフェイス M50 ブラック 61-62
シンプソン (SIMPSON)

SIMPSON シンプソン M50 オフロード フルフェイス ヘルメット バイク バイザー着脱 ばくおん(XL(61~62cm) 黄)
SIMPSON

SIMPSON(シンプソン) バイクヘルメット フルフェイス M50用バイザー ブラック
シンプソン (SIMPSON)

 

【SIMPSON】アメリカのセーフティメーカー、シンプソンの話【VENOMとBANDIT、M50、M30】アメリカのヘルメットメーカーで1、2を争う有名なメーカーが「SIMPSON(シンプソン)」だと言える。 その理由は見た目。 ...

 

 

マルシン工業: DRILL (ドリル)

引用:マルシン工業

 

ビンテージテイスト溢れるデザインの、ネオクラシック・フルフェイス ヘルメット

先程のエンドミルと異なりシールドがない漢のスタイルがドリル

 

カラーバリエーションが豊富ライダースタイル愛車カラーに合わせて選べる。

 

 

 

額の3点ボタンには汎用バイザーが取り付け可能。

 

このドリルにぴったりのゴーグルも発売したとのこと

 

 

【マルシン工業】マルシン工業というメーカーとは、の話【安全性や評判、ツイッター】 「日本を代表するヘルメットメーカーはどこですか?」 と問われたらあなたはなんと答えるだろうか? アライ それと...

 

 

 

AGV(エージーブイ): X3000

引用:AGV

 

70年以上続くAGVの歴史のなかでレジェンドライダー達が使用したデザインをビンテージの形を持ちながらも最新の技術で作られたヘルメットで再現

 

昔ながらの形を感じつつも他とは違う形で際立つ。

アメリカン・クラシック・ネオクラシックバイクにとても似合うヘルメット。

 

 

【AGV】「AGV-エージーブイ」というヘルメットメーカーの話【レジェンド、ロッシ、K5、】今回はあのレジェンド達が愛用したイタリアのメーカーAGVの話。 motoGPライダー バレンティーノ・ロッシが使用していることで知...

 

 

 

まとめ:ネオクラシックなヘルメットはかっこいい

 

今回は以上になります。

いっときのブームかと思いきや、今やジャンルの一つにまでなった「ネオクラ」。

オートバイもどんどん「ネオクラ」なスタイルの新モデルが発表となり、ますます人気が出てくると思います。

バイクをネオクラにしたら、ぜひライダーもネオクラになってみて下さい。

 

それではまた別の話で。

 

 

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。

【THH】台湾で生まれたコスパ◎なメーカーの話【Amazonでよく見る?】今回は台湾のヘルメットメーカー「THH」の紹介。 台湾といえばバイク(特にスクーター)天国。 KYMCO(キ...
【Arai】アライヘルメットの話【安全、躱す、アライ規格】 今回の話は日本トップヘルメットメーカー「アライ」についての話。 ヘルメット選びに悩んでいる方、メーカー「アライ」をもっと知...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...

 

三大通販サイトのヘルメット売れ筋ランキング

メーカーまとめの話一覧

日本国内のメーカーまとめ
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【全11メーカーほぼ網羅】主な日本国内のヘルメットメーカーを分かりやすく紹介。ちなみにZENITH(ゼニス)はメーカーじゃないので注意して欲しい。『ARAI、SHOEI、OGK KABUTO、WINS、ワイズギア、マルシン工業、リード工業、ダムトラックス、立花、真田嘉商店』...
海外のメーカーまとめ1〜5
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その①【AGV,SIMPSON、ICON、BELL、HJC、Suomy、NOLAN】今回は海外のヘルメットメーカーの紹介っ。 バイク乗りの中でも国内メーカーと同じくらい海外のメーカーを着用している方も多いですね。 ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その② 【Akuma、SHARK、Schuberth、thor、ROOF】今回は前回に引き続き海外のヘルメットメーカーのはなし第二弾。 今回は Akuma helmet (アクマ ヘルメ...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その③【MHR、THH、MOMO、IXS、Held、CMS、NEXX、GIVI、AXO、CABERG、PREMIER、Airoh、hebo、OSBE】海外のヘルメットメーカーの話もいよいよ第三弾。 ここまでくるともうどれも聞いたことないメーカーって方もいるのでは。 そのうち日本...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その⑤【LS2、TroyLee、Alpinestars、SPEED AND STRENGTH、BEON、GMAX、Klim】 海外のヘルメットメーカーの話も気が付いたら第5弾。 マニアックなメーカーを知っておきたいバイク乗りの方は是非読んでみてくだ...

 

ヘルメットに関する話

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、FIM、MFJ、SHARP】今回はオートバイ用のヘルメットに付いていたりする こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃん...
【罰則、点数】道路交通法とヘルメットの関係の話【7項目、法律、装飾品】今回の話は、ヘルメットの関する法律の話。 みなさんが普段使用しているヘルメットに何かしら「マークがついたシール」がついていると思う...
【エアーヘッド】ヘルメットで潰れる髪の話【髪型、アクセサリー】 今回はヘルメットをかぶると髪が潰れてしまう問題の話。 ヘルメットを長時間かぶっていると重さや汗をかいて髪がぺったんこになっ...
【守りを考える】ヘルメットロックの悩みを解消するアイテムの話【タンデム、雨対策】今回はヘルメットロックを快適にするアイテムの話。 ヘルメットロックとは、バイクから降りている間などに、大切なヘルメットをバイクにロ...

 

バイク乗りに読んでほしい話

【バイク✖︎筋肉】ライダーに必要な筋肉の話【GPライダーも筋トレしてる】 今回の話はすこし変わり種。 近年のフィットネスブームに乗っかり、バイク乗りの方にも関係がある筋肉の話をしようかと。 ...
【ショウエイが無い】ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかもの話【サイズ、オンライン】 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
【おすすめムービー】バイク乗りにオススメできる映画5作品【プライムビデオ、hulu、U-NEXT、NETFLIX、dTV】今回はヘルメットの話ではなく、ちょっと枠を飛び出して映画の話。 といってもこのサイトに来てくれてる方に紹介するならバイクと関係なしはい...
【バイク】出先でも「キマる」帽子の話【6つスタイルとおすすめ10選】今回は「ヘルメット」から少し外れて、 ツーリングでバイクに乗って、降りて、ヘルメットを外したあと、髪型がっ!!! ってなった...
【ガーディアンベル】バイク好きなあの人のプレゼントに、の話【ハーレー以外も、種類、意味】今回は バイクに乗っている コレから乗る予定 乗る予定はないけどバイクが好き 一旦バイクを降りて車に乗ってい...
【バイクも安心】JAFってどこまでしてくれる?の話【任意保険との違いも】JAF(ジャフ)という言葉を知っていますか? ほぼ100%の方が知っている言葉だと思います。 ではこの「JAF」は何の略か知って...
【ガチガチ】固着した「ボルト」を外す方法の話【空回り、折れた、ナットも】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ボルトが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車...
【ガチガチ】固着した「ネジ」を外す方法の話【回らない、サビ、潰れた】バイクをご自身で整備する方はこんな瞬間が必ず訪れるかと思います。 「ネジが固くて回らない・・・」 ご自身のオートバイが新車の...