ヘルメット

【2020年秋 ショウエイ新作】SHOEI新作は丸いの話【ネオクラシック Glamster グラムスター】

今回は2020年の9月~10月発売予定SHOEI新作

Glamster(グラムスター)

が見た目がアライラパイドネオに近いことで話題になっているのでとりあげたいと思う。

 

あわせて読みたい
ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかも の話 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...
あわせて読みたい
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】国内外問わず高く評価され、愛用されている方も多い日本のオートバイ用ヘルメット。今回は国内のメーカーの紹介。特徴や強みを雑談交えて話してい...
あわせて読みたい
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】国内外問わず高く評価され、愛用されている方も多い日本のオートバイ用ヘルメット。今回は国内のメーカーの紹介。特徴や強みを雑談交えて話してい...

Glamster(グラムスター) とは

https://www.shoei.com/products/helmet/fullface/glamster/

 

コンセプトはアライのRAPIDE NEO(ラパイド ネオ)同様のネオクラシックフルフェイス

アライの得意とする「丸い」と相性の良いクラシック感に見事なほどショウエイらしさを細部に盛り込んであり、最近のネオクラシックブームをますます加速させるヘルメットが登場してしまった。

外見はクラシックを感じさせるロゴ、2本のロアインテーク、シェル自体のデザイン。

https://www.shoei.com/products/helmet/fullface/glamster/

 

しかし中身は

  • クリアな視界の新開発CPB-1Vシールド。
  • シールドの不意の開放を防ぐロック機能。
  • 曇り止めピンロックEVOレンズ標準装備。
  • 全て取り外し可能の内装。
  • 緊急用ヘルメット取り外しシステム「E.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)」。

最新技術をこれでもかと。

 

クラシックな見た目とモダンな機能がネオクラシックの一番の魅力とも言えるだろう。

 

Glamster(グラムスター)とRAPIDE NEO(ラパイド ネオ)

欧州ではすでに発売されているので海外のWEBサイトやYouTubeにはグラムスターの情報がすでに露出している。

そして気になるのはアライのラパイドネオとの比較だが、さっそくこの画像をみて欲しい

https://www.motolegends.com/reviews/Shoei-Glamster-helmet-review

 

左がショウエイ「グラムスター」、右がアライ「ラパイドネオ」。

そしてそれぞれの差を簡単に表にしてみた。

グラムスター ラパイドネオ
重量 約1200g 約1500g
価格 4万3000円(税抜き) 4万6000円(税抜き)

グラフィックモデル
5万4000円(税抜き)

ピンロックシート(曇り防止レンズ) 標準装備  別売(2800円税抜き)

 

機能面や安全性は一言では表せないが、画像を見る限り

帽体が小さい=見た目が良い

と信じて止まない私はグラムスターが小さい、

そしてロングツーリングの快適さに響いてくる重量もグラムスターの方が軽いのが魅力に感じる。

 

 

発売はまだ先だがショウエイオフィシャルショールームには実物が展示されているそうなので足を運んでみるのもいいかもしれない。

https://www.shoei.com/stores/showroom.html

 

 

まとめ

ショウエイのグラムスター発売のニュースはバイク業界にネオクラシックのブームの波に来ているのを無視できないものとなった気がします。

私自身、古き良き外見に最新の機能を搭載した中身を持っているネオクラシックという新しい形にかなりワクワクしている一人です。

そのうち各メーカーごとに出したネオクラシックヘルメットをまとめてみようと思います。

 

それではまた別の話で。

 

あわせて読みたい
SHOEI-ショウエイ-のおすすめのヘルメットの話【世界で認定、アライより安全?、トップシェア】 今回はSHOEI-ショウエイ-の個人的におすすめのヘルメットを紹介。 アライと並び日本のトップヘルメットメーカーとして君臨...
あわせて読みたい
【SHOEI新作】クラシックなオフロードヘルメットの話【EX-ZERO】今回はショウエイの新作、EX-ZERO(イーエックスゼロ)の簡単な紹介。 ヨーロッパではすでに発売され、日本での発売をまっていた方...
あわせて読みたい
ネットからSHOEIのヘルメットが消えるかも の話 今回は日本を代表するヘルメットメーカー SHOEI(ショウエイ)がネット通販において新たな制度を取り決め、それが大きな波紋を呼び...