ヘルメット

【SCORPION EXO】スコーピオンのヘルメットの話【アメリカ、評判、スズキ?、安全性】

国内ではあまり見かけることは少ないが、アメリカでは非常に認知度の高いメーカー「SCORPION EXO(スコーピオン)」の紹介。

使い勝手のいいヘルメットから、コスパのいいヘルメット、かなり攻めたデザイン&システムのヘルメットまでラインナップが幅広く充実している。

そんなスコーピオン、日本のとあるメーカーとも少し関わりがあるのでそんな話も交えながら紹介していきます。

 

【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【完全版】国内ヘルメットメーカーの話【アライ、ショウエイ、OGK KABUTO、WINS、Y'S GEAR、リード、マルシン、ダムトラ、立花】バイク乗りには欠かせない装備の一つ。「ヘルメット」 そして国内外問わず高く評価され、愛用されている方も多い日本のオートバイ用ヘルメット...
【ICON】派手なヘルメットメーカー「ICON-アイコン」の話【評判、安全性、ストリート育ち】今回はド派手なグラフィックでおなじみのメーカーICONの話。 made in U・S・A のICON。 2019年1月時点で...

 

 

スコーピオンについて

始まりは2001年、木戸工業という韓国の会社が二輪車用ヘルメット事業部を立ち上げる。

2003年、アメリカに子会社のスコーピオンスポーツ株式会社を設立。そして翌年の2004年、「ScorpionEXO™」ブランドの使用を開始した。

親会社はKIDO Sports Co. LTDと変更され、アメリカ・ヨーロッパ・中国・ベトナム・韓国に展開している。

海外製のメーカーにおける安全性の心配がインターネット上では多々見かけるが、世界展開しているメーカーとあって「安全」を非常に重視しているとのこと。

製造されるすべてのヘルメットが、対象となる各市場の安全認証(DOT、ECE、またはSnell)要件を満たすことが保証されている。

ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】 今回はオートバイ用のヘルメットに付いている こんなマーク達の話。 このマークは安全規格のマークでありそれぞれちゃ...

 

一般のライダー向けだけではなく、モータースポーツのレースシーンでも幅広く採用されている「スコーピオン」

  • motoGP
  • SBK
  • moto E
  • スタント
  • ツーリストトロフィー
  • エンデューロ
  • モトクロス
  • ダカールラリー

など

https://scorpionsports.eu/en/pilotes/

 

 

日本ではあまり認知されていないが、アメリカではどうなのだろうか。

アメリカの顧客満足度を調査するJ.D. Powerの2011年レポートによると

  • 1位 Arai(アライ)・・・・日本
  • 2位 Icon(アイコン)・・・アメリカ
  • 3位 SHOEI(ショウエイ)・・・日本
  • 4位 ハーレーダビッドソン・・・アメリカ
  • 5位 スコーピオン ・・・・・アメリカ

となっている。(海外でもアライ、ショウエイの人気は流石

J.D.Power/Motorcycle Helmets Satisfaction Study 2011

 

ちなみに2位だったICONの詳細はこちら。

【ICON】派手なヘルメットメーカー「ICON-アイコン」の話【評判、安全性、ストリート育ち】今回はド派手なグラフィックでおなじみのメーカーICONの話。 made in U・S・A のICON。 2019年1月時点で...

 

日本においても少し関係性がある、相手はあの「スズキ二輪」。

スズキの公式ページにおいても、純正のヘルメットとしてラインナップに並んでいたことがある。(現在はパーツのみでヘルメットはなし

 

 

 

ヘルメット紹介

ここからは scorpion exo のヘルメットラインナップを紹介

EXO-R1

 

スコーピオンのハイスペックフルフェイスヘルメット「EXO-R1」

レースの世界で求められる性能に応えた本気のフルフェイス

洗練されたシェルの造形は、空気抵抗の低減バランスの向上、首の可動にも貢献している。

衝撃吸収と通気性に優れた内装も嬉しい。

インカムスピーカー取り付けスペースピンロックシート、スモークシールドなどはセットになっていてツーリングでも大活躍。

 

 

 

 

 

EXO-HX1

 

変形が可能なストリートファイタールックなフルフェイスヘルメットが「EXO-HX1 」

どんどん増えてきたストリートファイタースタイルのバイクネオクラシックなバイクにも合う。

 

シールドの可動が特殊ネオジウム・マグネティック・フェイスシールド・メカニズムと呼ばれるものを採用。非常に滑らかに動かすことができるが、つけ外しには六角ボルトを外す必要がある。

インカムスピーカー取り付けスペース、スタイルチェンジに必要なピークバイザーもセット。

 

 

 

COVERT

スコーピオンを語る上では外せないのが「COVERT」

フルフェイス⇨セミジェット⇨ハーフと変形できる。

このデザインはすでに米国で特許を取得したらしい。

業界最先端のポリカーボネートシェルは、重量を最小限に抑えつつも、衝撃を分散させるように設計。

シールド曇りにくい加工が施されている。

どんなスタイルのバイクにマッチングする、まさに「Bad Ass!!」なヘルメット

 

created by Rinker
ScorpionEXO
¥59,958
(2021/09/19 22:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

EXO-AT950

オフロード✖︎システムのいいとこどりの憎い奴が「EXO AT950

バイザーを外したり、シールドを外してゴーグルにするなど変形自在インナーサンバイザーまで装備。

眼鏡もばっちりの内装。ただしちょっと重いかなという印象(1780g)

 

created by Rinker
ScorpionEXO
¥53,483
(2021/09/19 17:04:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

終わりに

今回は米国の「Bad Ass!!」なヘルメットメーカー「SCORPION -スコーピオン-」の紹介でした。

向こうでは根強い人気を誇り、攻めたヘルメットを繰り出すメーカーなだけに、今後も期待できるメーカーの一つ。

あなたの候補に加えてみてはどうでしょうか。

 

ツイッターではほぼ毎日「今日欲しいヘルメット」をツイートしてます。よかったらフォローしてみてください。

 

 

それではまた別の話で。

【ICON】派手なヘルメットメーカー「ICON-アイコン」の話【評判、安全性、ストリート育ち】今回はド派手なグラフィックでおなじみのメーカーICONの話。 made in U・S・A のICON。 2019年1月時点で...
【完全版】海外のヘルメットメーカーの話 その④【SCORPION、O'NEILL、FOX、FLY、SHIFT、KYT】海外のヘルメットメーカー紹介 第4弾。 人気の「海外ヘルメットメーカーの話」も4作目に突入。 今回はオフロードタイプに特化し...
【BELL】アメリカの伝統 ベルヘルメットの話【フルフェイスの原点、ハーレー、評価】MADE IN U.S.A のヘルメットメーカー代表なら「BELL(ベル)」と言っても過言でない。 昔から今でも冷めやらぬ人気のビ...