おすすめ、人気のヘルメット

【ツーリング最強】オススメするシステムヘルメットの話【安全性、利便性、多機能、サンバイザー】

2020年もあと少し
バイク乗りとってすっかり寒さに怯えるオフシーズンになりました。

シーズンとか関係なしのガチ勢の皆さんに今回は便利なシステムヘルメット2020の紹介。

寒くなるとヘルメットの脱着もいやになります。でもそんな時システムヘルメットならフルフェイスの快適さ・安全性を確保しつつ飲み物、食べ物、タバコで一服もヘルメットを脱がずにできる。もしかしたら家から一度も脱がずにツーリングして帰ってくる、なんていうも出来ますね。

では本編へどうぞ。

OGK KABUTO -RYUKI(リュウキ)-

国内お手軽No. 1ヘルメットメーカー OGK KABUTO(オージーケーカブト)

その2020年最新のシステムヘルメットが RYUKI(リュウキ)
仮面ライダーの名前が渋滞している名前だが、カブトが誇る自信作。

公式キャッチコピーは
「快適な軽さのカタチ
IRカットシールド採用の軽量システムヘルメット。」

多機能な面も人気のシステムヘルメット。
早速紹介していく。

  • 赤外線紫外線を遮断して、クリアな視界性を確保した次世代のシールド装備。
  • インナーサンバイザー装備
  • 曇り防止のピンロックシート(別売)の取付可能
  • 眼鏡をスムーズにかけることができるチークパッド
  • ワンタッチで脱着、微調整が可能なマイクロラチェットバックル採用

このRYUKI(リュウキ)の一番の特徴は軽量化の部分にある。

システムヘルメットは構造的に複雑な分どうしても重くなってしまうネガティヴな部分がある。

今回のリュウキは同じOGK KABUTOのシステムヘルメットKazami(カザミ)より約110~180g軽量の

S/Mサイズ(110~140g軽量化) 重量:約1650g
L/XLサイズ(150~180g軽量化) 重量:約1730g

となっている。

KAZAMI はこちら

お値段もOGK価格、安心の3万円代で買えるのも嬉しい。
ピンロックシートを付けてもお手軽。

RYUKI はこちら

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥31,185 (2021/01/21 23:10:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥2,736 (2021/01/21 23:10:27時点 Amazon調べ-詳細)

 


LS2 -SCOPE(スコープ)-

MFJ公認ヘルメットで最も安いと話題になったLS2ヘルメット。2018年にブランドを一新してラインナップを充実させてきたLS2の2020年最新のシステムヘルメットがこのSCOPE(スコープ)。

早速機能を一覧にしてみる

  • 94%UV(紫外線)カットのシールド装備。
  • インナーサンバイザー装備
  • 曇り防止のピンロックシートが取付可能(一枚付属
  • 取り外し可能のインナー
  • ワンタッチで脱着、クイックリリースバックル採用

こちらも特筆すべき点は軽さ。

Sサイズは 1600 ± 50g

M〜Lサイズは 1680 ± 50g

上で紹介したRYUKIとほぼ互角の結果。

そして世界的に売れているLS2ヘルメットの売りはなんと言ってもコスパの良さ
このスコープも2万円ほどで手に入れることが出来る。しかもピンロックシート付き。

LS2 SCOPEはこちら

ちなみにLS2にはカーボンで作られたさらに軽量のシステムヘルメット VORTEX(ボルテックス)というモデルも存在する。

M〜Lサイズ 1600 ± 50g という驚異の軽さ。

素材として高価のカーボンで作られているため価格は高め。(と言っても4万円代とカーボンヘルメットとしてはかなり安い)

LS2 VORTEX(ボルテックス)はこちら


AGV -Sport Modular(スポーツモジュラー)-

何度かこのサイトでも紹介しているイタリアのヘルメットメーカーAGVシステムタイプヘルメット sport modular(スポーツモジュラー)

motoGPライダー バレンティーノ・ロッシも使用していることからご存知の方も多いはず。

このsport modular(スポーツモジュラー)の一番の特徴、なんとフルカーボンファイバーで作られており、その重量なんと1280g(Lサイズ)。

機能面では

  • PINロックシート標準装備
  • インナーサンバイザー装備
  • 強烈な効き具合のベンチレーション
  • 取外し可能の内装

そしてこのsport modular(スポーツモジュラー)がAGV初のシステムタイプヘルメットというから驚き。

ただお値段も驚きの価格。(フルカーボンでこの軽さなら仕方ないかも)


scorpion -EXO AT950-

シンプソンやベル、ICONなどと並び、アメリカのライダーに愛されているメーカー scorpion(スコーピオン)
そのスコーピオンのEXO AT950
オフロードタイプのシステムヘルメットというジャンルに当たる。

形としてはシステムヘルメットにバイザーが付いた形が的確。
バイザーを外したり、シールドを外してゴーグルにするなど変形自在なタイプのヘルメットが増えてきている気がする。

  • 眼鏡をスムーズにかけることができるチークパッド
  • インナーサンバイザー装備
  • 強烈な効き具合のベンチレーション
  • 取外し可能の内装
  • 取外し可能のバイザー

ご覧の通りしっかり多機能
重量は 1780gと多少重め。

ヘルメットの規格はアメリカの安全規格DOTを取得しているのでOK。
ヘルメットの安全規格の話【PSC、SG、JIS、SNELL、DOT、EC、MFJ、SHARP】

多分全く他の人と被ることがないのでその点もオススメ。

AT950はこちらから

created by Rinker
ScorpionEXO
¥53,857 (2021/01/21 18:21:44時点 Amazon調べ-詳細)


まとめ

今回はこの辺で終わります。

おそらく今回の話が2020年最後の話になりそうです。
(余裕があればもう一話いくかも)

すっかり寒く、まだまだ不安な状況が続く世の中ですが、「今年も色んなところに走りに行ったなぁ」と言いながら年末を迎えられるように安全運転・安全装備で良いバイクライフを送り続けて下さい。

それではまた別の話で。